映画『無限の住人』完成報告記者会見が2月15日行われ、主演の木村拓哉さん、杉咲花さん、福士蒼汰さん、市原隼人さん、戸田恵梨香さん、三池崇史監督が登壇しました。

映画『無限の住人』は、“主演:木村拓哉×監督:三池崇史”という、日本映画界が世界に誇る“最強タッグ”で挑む、規格外アクションエンターテインメント。

木村さんの新境地を予感させるビジュアルやノースタントで挑んだド迫力のアクション、豪華キャストの競演など新しい情報が出る度に注目度が高まっており、はやくも2017年ゴールデンウィーク必見の“ぶった斬り”アクションエンターテイメントとして話題を集めています。


今回木村さんが演じるのは不死身の男・万次。役を演じた感想を尋ねられると「しゃべる言語は日本語ですし、時代劇ですし、撮影場所は京都ですし。“Japanese”だけど、キャストやスタッフの方のモチベーションが高くて、海外の現場に来ているかのような錯覚に陥りました。撮影している段階で楽しませていただきましたし、いっぱい感動させていただきました」と振り返りました。

本作では、アクションシーンにも挑んだとのことで、「三池監督のいろいろな発想や、発案にどこまで近づけるかという試みはすごく楽しかった。映りこんでいるすべての人たちの情熱が毎回ありました。ちょっとしたトラブルで自分自身がケガをしてしまったり、現場が過酷で監督が足を折られたり……」と吐露。

それを受けて三池監督は「老化ですね(笑)。骨折なんかには負けないです」と笑いを誘いました。

また、初の悪役を演じた福士さん。「殺陣も刀でなく、斧だったので大変だったなぁと思っていたんですが、木村さんがかなりの数の武器を使っていたので、“すげぇな”って思いました」と明かしました。


そして木村さんは「(市原)隼人とLINEの交換をして、こんな仕事をしているんだとメッセージを送っていたんですが、既読がつかなくて……。これはマズイなと思っていました」と苦笑い。「聞いたら交換した当時のスマホがぐちゃぐちゃになってしまったみたいで。さっきちゃんと交換しました」とほっと胸をなでおろしました。

映画『無限の住人』は4月29日(土)より全国ロードショーです。

【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 100個のアレにmiwaと坂口健太郎が興奮「名古屋コーチン?」

※ 亀梨和也、新妻の豊満バストチラ見せ純白ドレスにメロメロ!?

※ 小嶋陽菜が毎年バレンタインチョコをあげている意外な人物とは…

※ 幸せオーラ全開!佐々木希の「ぷるんと美胸」をとくとご覧あれ

※ 熱愛報道・坂口健太郎が意味深「1回でしっかりと守るぞ」