画像

写真拡大 (全2枚)

 日本IBMは2月20日、IBM Watsonの技術を適用した新製品「IBM Watson Content Hub」の提供を開始する。同製品では、画像や文書をもとにWatsonが自動でタグ付けを行うため、コンテンツ管理の担当者は簡単にコンテンツを探し出すことができる。

 日本IBMは2月20日、コンテンツ管理ソリューション「IBM Watson Content Hub」の日本語版をリリースする。

 同ソリューションでは、画像コンテンツに含まれる意味を検出し、場面や対象物、顔のイメージなどを分析して何が起こっている場面なのかを理解するIBM Watson APIである「Visual Recognition」を活用。高精度のタグ付けを提案する。

 これまで、コンテンツ管理ソフトウェアに画像や文書などを入力する際、それらが見つかりやすくなるよう「タグ」を複数入力する必要があった。しかし、デジタル・コンテンツ数が増えている今日では、タグ付け作業にかかる工数は大きな負担となっている。同ソリューションの提供により日本IBMは、タグ付けに対する工数の削減に寄与する狙いだ。

 同製品はクラウド・ベースで提供され、2月20日から日本IBMのWebサイト上の「マーケットプレイス」内で無料トライアル版も利用できる。

MarkeZine編集部[著]