画像

写真拡大 (全3枚)

 NTTデータは、ソーシャルメディア上での観光スポットの話題量を、Twitterの全量データとディープラーニング技術および、NTTデータが保有するプロファイル推定エンジンを活用し測定するサービスの提供を開始した。

 NTTデータは2月15日、旅行観光業界や地方自治体など向けに、ソーシャルメディア上での観光スポットの話題量を測定する新サービスをリリースした。

 同サービスはTwitterの全量データとディープラーニング技術および、NTTデータが保有するプロファイル推定エンジンを活用。これまで、表記の揺れや地名の略称などが原因で正確な解析が困難だった観光スポット名の抽出や画像解析を用いた観光分析が今回のサービスで可能になった。

 また、同サービスは海外78カ国の国と地域の判定や趣味嗜好の解析に対応している。例えば「スポーツが好きな、ある国の観光客に人気の日本国内の観光スポット」のような詳細な条件での調査が可能となる。

 これにより、サービス利用者はソーシャルメディアを最大限に活用したきめ細かな観光分析や観光プランの提供が行える。加えて、日本全国の隠れた観光資源の発掘など、地方創生や活性化に向けた計画策定にも活用できる。

MarkeZine編集部[著]