■スイッチひとつで、ルーフのロックも開閉も全自動

新型ロードスターRFのドアを開けると、低く構えたフロントシートが迎えてくれます。低い着座位置で足を投げ出す姿勢を取ると、スポーツ心にスイッチが入るようです。インパネはソフトトップと共通。ラグジュアリー仕様のVSには、内装とシートにナッパレザーがおごられます。

1

注目のRF(リトラクタブル・ファストバック)は、コンソールのスイッチひとつで全操作が完了する優れもの。スイッチを約13秒押し続けるだけで、全自動でオープンにもクローズドにも変化できます。もちろん、ルーフのロック&解除もオート。しかも大掛かりな動作なのに、上質かつ滑らかに動くのですから、本当に素晴らしいと思います。

■トランク容量も、ソフトトップと同等

オープン時には、ルーフとリアウィンドウだけがトランク上部に収納されます。ソフトトップのフルオープンに比べると開口部は少ないですが、背面に透明なエアロボードが用意されるほど風通しが良くなるので、オープンエアの開放感を充分楽しむことができます。

またトランク容量はほとんど犠牲になっておらず、オープン時でもソフトトップとほぼ同容量を確保。機内持込みケースを2つ収納できますから、ふたりでドライブ旅行に出掛けても大丈夫です。

新型ロードスターRFでそんなツーリングができたら、どんなに幸せなことでしょう。若い頃、ひとり旅という名の「オンボロ貧乏ドライブ」に親しんでしまった筆者は、ついつい遠い眼をしてしまうのでありました。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第546弾新型ロードスターRFのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9341

スイッチを13秒間押すだけ!新型ロードスターRFはルーフのロックも開閉も全自動!(http://clicccar.com/2017/02/15/444599/)