写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士フイルムは、中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と3本の「フジノンGFレンズ」の発売日を、2月28日に決定した。

GFX 50Sは、新開発のレンズマウント「Gマウント」を採用したミラーレスカメラ。発表当初は2月下旬発売とアナウンスされていたが、このたび正式な発売日が決まった。価格はオープンで、推定市場価格は税別800,000円前後。

5,140万画素のCMOSセンサーのほか、画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載している。中判システムながら、サイズがW147.5×H94.2×D91.4mm、重さが約825gと、コンパクトに仕上がっている。

同時発売のフジノンGFレンズは、標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」の3本。

希望小売価格(いずれも税別)は、GF63mmF2.8 R WRが195,000円、GF32-64mmF4 R LM WRが299,500円、GF120mmF4 R LM OIS WR Macroが349,500円となっている。