写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは15日、ビジネス向けPC「MousePro」より、Intel Xeon E5-2620v4と、Pascal世代のNVIDIA Quadroを搭載した4K/3Dコンテンツ制作・3DCAD向けワークステーションを発売した。価格は税別498,000円から。

スタンダードモデル「MousePro-W994SQP5S」の主な仕様は、CPUがIntel Xeon E5-2620v4(8コア/16スレッド/2.1GHz)、チップセットがIntel C612、メモリが32GB DDR4 ECC Registered、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P5000 16GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、OSがWindows 10 Pro 64bit。本構成の価格は税別498,000円から。

上位モデル「MousePro-W994DQP5X」は、メモリを64GB DDR4 ECC Registeredにアップし、価格は税別598,000円から。最上位モデル「MousePro-W994DQP6X」は、メモリを64GB DDR4 ECC Registered、グラフィックスをNVIDIA Quadro P6000 24GBにアップグレードし、価格は税別1,098,000円から。