写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トリップアドバイザーは2月15日、「旅好きが選ぶ! 日帰り温泉&スパランキング 2017」を発表。1位には開聞岳を望む絶景風呂を備えた「ヘルシーランド たまて箱温泉」(鹿児島県、指宿市)が4年連続で選ばれた。

同ランキングは、2016年1月〜12月の1年間に投稿された日本の日帰り温泉施設への全言語の口コミを、評価点、口コミの投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムを集計したもの。温泉旅館で日帰りも可能な施設などは除き、日帰り温泉施設がメインとなっている施設が対象となっている。

4年連続1位の「ヘルシーランド たまて箱温泉」に続き、2位には2016年の10位から大きくランキングを上げた「やわらぎの里 豊平峡温泉」(北海道、札幌市)、3位には「崎の湯露天風呂」(和歌山県、白浜町)が選ばれた。崎の湯露天風呂は、高波が来ると湯船のお湯を豪快にかけ流していくほど海の近くに位置する、絶景の露天風呂として人気を集めている。

2017年版には、3位の「崎の湯露天風呂」の他に3施設がランキングに初登場。地方別に見ると関東地方、関西地方、九州地方それぞれ4件、次いで北海道が3件という結果になった。外国人旅行客等にも利用が広がったこともあり、自然の中にある秘境温泉だけではなく、スーパー銭湯など気軽に天然温泉が楽しめる施設も多くランクインする結果となった。

そのほかで言うと、初ランクインで12位となった「天然温泉 なにわの湯」(大阪府 大阪市)には、「大阪を散策した後、この天然温泉 なにわの湯を訪れました。この温泉施設はとてもリラックスできます。サウナ、水風呂などたくさんの種類のお風呂があり、この施設のお風呂は、全ての種類のお風呂を提供しているのではないかと思えるほどです」などと、外国人からのコメントも寄せられている。

ランキング17位に初登場した「鉄輪むし湯」(大分県 別府市)は、薬草の香りが漂う部屋で、デットクス効果が期待できると人気を集めている。「温泉で熱せられた床の上に、石菖(せきしょう)という清流沿いにしか群生しない薬草が敷きつめられていて、その上に寝るというスタイルである。以前、テレビで某温泉レポーターが、この匂いは耐えられないと言っていたが、実際体験するととても良い香りであり、たった10分間であったが、気持ちの良い汗をかいだ」というコメントもされていた。

ランキング19位に初登場した「山代温泉 古総湯」(石川県 加賀市)は、「九谷焼のタイル、地元産の香ばしい木材、ステンドガラス、どれも加賀藩前田家が培ってきた美意識が感じられます。新しいのに古い、独特の雰囲気です」などと、歴史ある総湯(温泉の共同浴場)を復元した「古総湯」に対する口コミも多く寄せられていた。