腸内環境を整えることが便秘改善だけではなく、美容や免疫力アップなど様々な効果を得られることは周知の事実となりつつあります。今回は善玉菌を増やしてくれる乳酸菌と一緒に働いてくれる酪酸菌・糖化菌についてご紹介します。

腸内を整えてくれる乳酸菌

乳酸菌は乳製品や発酵食品のほか、人の腸内にも存在する細菌で、糖を分解し乳酸を作り出します。乳酸菌という菌ではなく、糖を分解して乳酸を作り出す菌の総称を乳酸菌と呼んでいます。人の腸内ではビフィズス菌のサポート役となったり、免疫力を強め体内の善玉菌と悪玉菌のバランスを保つ役割を担っているのです。最近では様々な研究で花粉症やアレルギーを抑える効果(1)、インフルエンザを予防または発症しても軽症で済む効果(2)、口臭予防や歯周病予防効果なども確認(3)されています。

生きて腸に届く酪酸菌

糖を分解して乳酸を作る乳酸菌に対し、糖を分解して酪酸を作るのが酪酸菌です。動物の消化器官内の常在菌として知られている菌で、熱や胃酸にも強く腸内に生きたまま届きます。酪酸菌自体にも有害細菌の働きを抑制し、腸内のバランスを保つ働きがあり、効率よく善玉菌を増やして乳酸菌やビフィズス菌をサポートしてくれるんです。また、酪酸菌は脂肪の蓄積を減らし免疫力を高めてくれる短鎖脂肪酸を作ってくれるため、ダイエットにも効果があるといわれています。

乳酸菌を増やしてくれる糖化菌

納豆菌で有名な糖化菌は、日本では整腸作用がある医薬品として使われていました。糖化菌も胃酸や熱の影響を受けず生きて腸まで届き、腸粘膜の炎症の治癒促進の作用があることがわかっています。なにより、乳酸菌と共生することで乳酸菌の増殖が高まり、乳酸菌単独の時よりも糖化菌と一緒になることで数十倍から百倍近くも増殖することがわかっているのです。

酸素がないと生息できない糖化菌、逆に酸素があると生息できない酪酸菌、酸素があってもなくても生息できる乳酸菌、この3つの菌は人間の長い腸内でもうまく作用し、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。下痢や便秘でお悩みの方や腸が弱い方には、市販でも乳酸菌・酪酸菌・糖化菌がセットで入っている整腸剤がありますので試してみるとよいかもしれませんね。

 参考サイト(1)アレルケア(3)歯の教科書

writer:しゃけごはん