今年、「結婚したい、再婚したい人」のための裏技ガイド

写真拡大

昨年もいい出会いがなかった……。心機一転、「今年こそは結婚を」と意気込む人も少なくないだろう。“婚活”を成就させるにはどうすればいいのか。

■初めて会うときはランチやお茶に

「本気で結婚したいなら、そもそも婚活とは何かというところに立ち返ることです」

と、日本IBMを経て、現在は婚活・恋愛コンサルタントの青木一郎氏は呼びかける。

「婚活は『相手を探す』『交際』『決定』の3ステップに分解することができます。『相手を探す』、もっと言えば『相性のいい相手を探す』というファーストステップを効率的に、いかにクリアできるかが最大のカギです」(同)

そのための4つの手段が、「合コン」「婚活パーティー」「恋愛婚活サイト・アプリ」「結婚相談所」だ。青木氏によると、婚活をする人の多くは合コンを経て婚活パーティーからスタートし、それがうまくいかない場合は婚活サイト・アプリに、最後には結婚相談所を利用する、というように流れ着くという。

なかでも近年、スマホでアプリをダウンロードすればSNSと連動して気楽に利用できることから、恋愛婚活アプリの利用者が増加。その多くは、利用者の男女がともに「いいね!」を送り合い、マッチングすればメッセージのやりとりができるようになるという仕組みだ。では、どのアプリを使えばいいのか。

「会員数の多い大手が私のおすすめで、三強を選ぶとすれば『pairs(ペアーズ)』『Omiai(お見合い)』(※)『ゼクシィ恋結び』ですね」

なかでもpairsの会員数は、約480万人と飛び抜けている(2016年12月26日現在)。pairsを運営するエウレカ広報の田山慶子氏は、「男女比率は6対4で、男女ともに20代半ばから30代半ばが多いです」。

「1月からpairsをはじめて、2月の初対面を経て交際に発展し、9月に入籍したという報告をいただいたこともあります」(田山氏)

男性が女性を食事に誘うことで交際に発展するのが常だが、成功率を高めるテクニックはあるのか。

「初めて会うときは、ランチやお茶に誘ってみては。お酒なしの日中のお誘いは女性から喜ばれる傾向があります」(田山氏)

恋愛婚活アプリで陥りがちな行動にも注意が必要だ。

「サービスによりますが、入会直後の方は検索上位となり、画面の一番上に上がってくることが多い。そこで、『新しい人で、好みのタイプだ』とすぐに飛びつき、時間や力を注ぐべきではありません。その人たちは人気が高く、1日50〜60件以上の異性から連絡がくるそうです。メッセージを送っても返信が返ってこないことが多いし、アプローチする人も多いので熾烈な競争が繰り広げられます」(青木氏)

そのほか、最終ログイン履歴が1カ月以上経っている人は、アプリに登録しているだけで現在は利用していないケースが多いと青木氏は警鐘を鳴らす。

■デートを確約する結婚相談所も

実際にマッチした相手に送るメッセージの文面は、どのようなものが効果的か。

「数回メッセージをやりとりし、人となりがわかってからデートに誘うのが通常の流れです。そのときにいきなりデートの具体的な日程設定から入ってはいけません。仕事が一段落ついたときや季節の変わり目に合わせて、『仕事疲れを癒やしに、美味しいものでも食べに行きませんか?』などとざっくりとした提案をして、相手から小さな『YES』を獲得することが先決です。その後に『今週、来週末あたりいかがでしょうか?』と、幅を持たせて日程調整に入るのがコツです」(青木氏)

「相手を探す」だけでなく、「交際」や「決定」のプロセスまでを支援するのが結婚相談所だ。交際相手とマッチングするためのシステムと、登録者をサポートしてアドバイスなどを行う担当者がいる。

恋愛婚活アプリよりも費用はかさむものの、冒頭で青木氏が挙げた3要素をカバーしているので、それに見合った働きを期待できそうに思える。だが、「大小合わせて約4000の結婚相談所があります。担当者によるサポートをあまり期待できない業者も少なくありません」(同)。

「三強を選ぶとすれば、大手の『ツヴァイ』『楽天オーネット』『パートナーエージェント』です。デートまでセッティングしてくれる業者もある。話が早いので、そういった結婚相談所を利用するのも一つの手段です。成婚率などは業者によって基準が統一されておらず、あまり参考になりません。半年から1年経っても交際に発展しなかったら、相談所を変えるべきでしょう」(青木氏)

はたして婚活の効果はどれほどかと思う人は、データを見てほしい。婚活者の約半数が成功しているという。

「婚活を通して、人は『自分が相手に求めることは何か』を否応なしに考えるようになります。そうして自分を客観視すると、異性に対しての条件も緩和してくるものです。結果として、今まで意識していなかった相手とも恋愛に発展する可能性が高まっていくのです」(同)

 

----------

▼婚活“必勝”テクニック3カ条

1. 出会い系サービスに入会直後の異性はNG
2. メールのやりとりは「小さなYES」を積み重ねる
3. 仕事が一段落ついたときこそ、出会えるチャンス

----------

(吉田洋平=文 PIXTA=写真 教えてくれる人:婚活・恋愛コンサルタント 青木一郎、エウレカ 広報 田山慶子)