『無限の住人』が完成!

写真拡大

沙村広明の人気コミックを木村拓哉主演で映画化した『無限の住人』(4月29日公開)の完成報告会見が2月15日にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、木村をはじめ、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、三池崇史監督が登壇。木村が「三池組の一員として皆さんの前に登壇することができてうれしい」と感激の面持ちで語った。

【写真を見る】戸田恵梨香は白、杉咲花は赤!対照的なノースリーブドレスで会場を魅了!

本作は、不死身の男・万次(木村)が、両親を殺された少女・凛(杉咲花)の用心棒となり、仇討ちのための戦いに身を投じる姿を描くアクション・エンタテインメント。

木村は「しゃべる言語は日本語、時代劇ですし、撮影地は京都ですし、“ザッツ・ジャパニーズ”なんですけど、キャスト、スタッフの皆さんのモチベーションなど海外の現場に参加している錯覚に陥った」と三池組の印象を吐露。「『絶対に面白いものを作るんだ』というワンカットワンカットの積み重ねに立ち会えるのがうれしかった。いっぱい感動させてもらいました」と充実の表情を見せた。

木村は傷だらけの侍として、片目を封じて全てのアクションに挑んでいる。木村は「現場があまりにも過酷で、自分が怪我をしてしまったり、監督も足を折られたりといろんなことがあった」と告白。「それでも絶対に前へ進むんだというモチベーションが常にあった」と過酷ながら情熱に満ち溢れた現場だった様子で、「すごくいい現場だった」と力を込めた。骨折したことを暴露された三池監督は「老化現象」と照れ笑い。「骨折なんかに負けない現場です」と話して会場を笑わせていた。

主演として“座長”を務めた木村について、「こんな座長は初めて」と明かしたのが市原だ。「木村拓哉という人間は、自分のことよりも周りのことを気にかける男。カメラマンさんが疲れて首が回らなくなったりする時があって。撮影が終わってメイクも落とした後に、カメラマンさんのところに行ってマッサージをしてあげていた。こういう男になりたい、こういう振る舞いがしたいと思った先輩は初めてです」と木村を尊敬しきり。木村は照れ笑いを浮かべていた。【取材・文/成田おり枝】