防弾少年団、2ndフルアルバム「WINGS」米ビルボードワールドアルバムチャートで18週連続TOP10入りを記録

写真拡大

防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」が米ビルボードワールドアルバムランキングで18週連続TOP10にランクインするという大記録を打ち立てた。

14日、ビルボードが発表した最新のランキングによると、防弾少年団はソーシャル50チャートで1位になり、2ndフルアルバム「WINGS」はワールドアルバムチャートで8位を記録した。

これで防弾少年団の「WINGS」は昨年10月の発売初週のビルボードワールドアルバムチャート1位を皮切りに、18週連続TOP10にランクインするという大記録を打ち立て、トップアイドルとしての地位を固めた。

防弾少年団は昨年2ndフルアルバム「WINGS」で韓国歌手史上初めて3連続ビルボード200チャートにランクインすると共にビルボード200で26位になり、韓国歌手の中で最も高い順位を記録した。

また、13日には「WINGS」の延長線上にある新しいアルバム「WINGS外伝:You Never Walk Alone WINGS」を発売し、タイトル曲「春の日」は韓国国内外の音楽ランキングで1位を獲得した。