EXO チェン、ドラマ「ミッシングナイン」OSTに合流…繊細なボイスが引き立つバラード曲

写真拡大

EXOのチェンがMBC水木ドラマ「ミッシングナイン」のOST(劇中歌) に参加する。

チェンのソロ曲「I'm Not Okay」は本日(16日) 午前0時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど様々な音楽配信サイトを通じて公開される予定であり、視聴者はもちろん、グローバル音楽ファンからも関心が高まると見られる。

今回の新曲「I'm Not Okay」は穏やかなピアノのメロディとオーケストラのハーモニーに、チェンの繊細なボイスが調和したバラードナンバーだ。歌詞には周りの人を失い、残された人々の傷みが表現されており、本日放送される第9話からドラマに挿入され、無人島で生き残ったラ・ボンヒ(ペク・ジニ) の記憶に残っている事件を描いたドラマのシーンと調和し、劇の魅力をより一層際立たせると見られる。

チェンはEXOおよびEXO初のユニットであるEXO-CBXの活動を通じて、優れた歌唱力とボーカルの実力を認められた。そしてSBS「大丈夫、愛だ」の「最高の幸運」、KBS 2TV「太陽の末裔」の「Everytime」、SBS「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の「君のために」など、多数のOSTを連続ヒットさせて人気を証明しただけに、今回のOSTも良い反応が得られると期待されている。

「ミッシングナイン」は飛行機墜落事故で消えた9人の行方と、隠された真実を暴いていくストーリーを描いたドラマで、韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時に放送されている。