「再審」チョンウ&カン・ハヌル、バレンタインデーのエピソードを語る“女心をくすぐる2人”(総合)

写真拡大 (全3枚)

映画「再審」のチョンウとカン・ハヌルがバレンタインデーを迎えて1日彼氏に変身し、観客たちの心を鷲掴みにした。

チョンウとカン・ハヌルは「再審」(監督:キム・テユン) の公開を1日前に控えたバレンタインデーに、ソウルCOEXライブプラザで開かれた映画「再審」バレンタインデーショーケースに出席し、ファンたちと楽しい一時を過ごした。

登場からギュっと手を握ってステージに登場したチョンウとカン・ハヌルは「今日のコンセプトだ」とし、2人の友情をアピールした。

2人は公開を控えている心境について「昨年の夏、日差しがない暑さの中で一緒に苦労しながら撮った作品だ。最終的に愉快で暖かく完成されたようで、ドキドキして緊張もしている。皆さんにも早く観ていただきたい」と伝えた。

また、チョンウとカン・ハヌルはバレンタインデーに対する思い出を公開した。

バレンタインデーの思い出についてカン・ハヌルは「僕が以前ミュージカルをやっていたとき、公演の日がバレンタインデーだった。あのとき、公演がだいぶ進んでいた時だったが、僕が出演した公演のチケットすべてを集めて、それにチョコレートを包んでくれた方がいた。あの時がすごく記憶に残っている。本当に感謝した」というエピソードを公開した。

チョンウも「小学校の時にクラスの人たちから、チョコレートをたくさんもらったことを覚えている。一番記憶に残っているのは『応答せよ1994』の後、バレンタインデーにチョコレートを2.5トンものトラック分をもらった記憶がある。一生忘れられない思い出だ。かえって僕のほうが感謝している」とし、当時を振り返った。

バレンタインデーにもらいたいプレゼントに対する質問には、2人とも「再審」を予約してほしいという希望を語り、カン・ハヌルは彼女だと付け加え、ファンから大きな反応を引き出した。

この日、チョンウとカン・ハヌルは歌から愛嬌まで、特級ファンサービスを見せ「再審」の公開前夜を甘く盛り上げた。

カン・ハヌルは照れながら甘くモーニングコールを録音してあげ、チョンウは方言を使って“ツンデレ”スタイルでグッドナイト挨拶をし、ファンをキュンとさせた。また、事前にクイズの正解を当てた10人の観客は、舞台に上がってチョンウとカン・ハヌルからハグと「再審」チョコレートをもらった。

最後にチョンウとカン・ハヌルは「『再審』に関心を持ってくださって、応援してくださってありがとうございます。『再審』は思ったより重い映画ではありません。愉快で感動のある映画なので、家族と友だちと共に気楽に来て見ていただければ幸いです」と感想を伝えた。