オリジナルストーリーを展開 (C)住野よる/双葉社
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会

写真拡大

 作家・住野よる氏のベストセラーを、浜辺美波と北村匠海のダブル主演で映画化した「君の膵臓をたべたい」の特報が完成。制服姿の浜辺と北村が切ない演技を披露しているほか、小栗旬が全力疾走する様子や、ウエディングドレス姿の北川景子が涙をこぼす場面が収められている。

 “僕”(北村)は、膵臓の病を患う高校のクラスメイト・山内桜良(浜辺)が書いた秘密の闘病日記を偶然見つけたことで、桜良と一緒に時間を過ごすようになるが、その日々は桜良の死で終わりを迎えてしまう。それから12年が経ち、母校の教師となった“僕”(小栗)は、教え子と話すうちに桜良と過ごした日々を思い出す。同じ頃、結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川)もまた、桜良のことを思い出していた。

 公開された映像は、高校の教師になり、図書室で過去を回想する“僕”の姿から始まり、闘病中であることを隠して笑顔を弾けさせる桜良と、高校時代の“僕”の楽しくも切ない日々が描かれる。死への不安を見せない桜良に、“僕”が本当に死ぬのかと訪ねると、桜良は笑みを浮かべたまま「死ぬよ」と答え、2人は現実に直面する。

 最後には、原作にはないキャラクターである将来の“僕”が必死に走る姿や、ウエディングドレス姿で涙する恭子の姿が映し出され、原作とは違う物語がどのように展開するのか気になる仕上がりとなっている。

 「君の膵臓をたべたい」は、7月28日から全国で公開。