「誰よりも早く徹夜して読む会」も 村上春樹新作『騎士団長殺し』発売イベントまとめ

写真拡大

2月24日、村上春樹の新刊『騎士団長殺し』(新潮社刊)がついに発売される。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(2013年・文藝春秋刊)、そして『1Q84』(2009年・新潮社刊)と、村上作品といえば、発売時に書店等で行われるカウントダウンイベントがおなじみ。

そしてもちろん、今回の『騎士団長殺し』も例外ではない。

ここでは東京都内で行われるものを中心にこの作品の発売イベントをまとめて紹介しよう。

■天狼院書店

【『騎士団長殺し』発売前夜祭】村上春樹作品について語る読書会を東京天狼院と福岡天狼院とで同時開催

日時:2月23日19:00受付開始
会場:東京天狼院および福岡天狼院
参加方法:peatix、電話、メールいずれかで要チケット購入
参加費:1000円+1オーダー(ドリンクでもフードでも可)

■三省堂書店神保町本店

「誰よりも早く村上春樹さんの新刊を本屋で徹夜して読む会」を開催

日時:2月24日0時〜6時
会場:三省堂書店 神保町本店1階
参加方法:『騎士団長殺し』の上下巻いずれかを予約した先着30名に参加整理券を配布

■代官山 蔦屋書店

2月23日(木)から2月24日(金)に変わる深夜0時1秒から販売開始

日時:2月24日0時1秒〜
会場:蔦屋書店1号館 1階 ブックフロア

■紀伊國屋書店新宿本店

午前0時の発売解禁をカウントダウン形式でお祝い

日時:2月24日0時〜6時
会場:新宿本店1階正面ひろば(天候により変更の可能性あり)
参加方法:2017年2月4日(土)より2階レジカウンターにて参加整理券を配布



なかでも注目は、三省堂書店神保町本店で開催される「誰よりも早く村上春樹さんの新刊を本屋で徹夜して読む会」。6時間にわたるかなりタフなイベントだが、当日、会場がどんな雰囲気に包まれるか気になるところだ。

ハルキストはもちろん、そうでない人も、これらのイベントをとおして、数年に一度の「お祭り」を楽しんでみてはいかがだろうか。
(新刊JP編集部)

【関連記事】

「人間くささのある教育の模様が描けると思った」 塾業界を舞台にした『みかづき』について森絵都さんに聞く
“文筆家”星野源の原点ともいえる初めてのエッセイ集に書かれていることとは?