「フリースタイルダンジョン」R-指定がHIPHOPブームへの思いと危機感について語った

写真拡大

『フリースタイルダンジョン』3rd SeasonのRec4-1である。


チャレンジャーは、
チームNGT3。
USU a.k.a SQUEZ
魅RIン
黒さき海斗
新潟の3人。

1st Battleは、1on1。
サイプレス上野 VS 魅RIン。

魅RIン「目の前のサ上 起こしてく革命 俺ならば危ねぇ踏み込んだアクセル」
ドスの効いた声で、「サ上(あうえ)」「革命(あうえ)」「危ね(あうえ)」「アクセル(あうえ)」と脚韻で圧をかけて、
最後に
「俺はもう止まらねぇ」
で決める。
受けて、サ上さん。
「俺はもう止まらねぇ何てカッコいいんだよ」
って茶化すときのニヤっとした表情の凄さ。
「俺この雪国 止まらねぇ寒気」
って、先週インフルエンザで休んで今回防寒具着込んでてピッタリのフレーズ。
魅RIンは、ブレずに
「よく分かってんじゃん 俺は自分をかっけぇって思ってる」
と返す。
声の圧がすごい。
チャレンジャー魅RIンのクリティカル勝利。

2nd Battleは、2on2。
R-指定とT-PABLOW VS 魅RIンと黒さき海斗。
「お前が魅RIン? 魅RIンというよりはミリン風調味料」
と、R-指定の生活感あふれるディス。
その後の「[コンプラ]こ縮んでる」は、字幕はコンプラってたけど
音声はちゃんと「ちんこ縮んでる」と聞こえました。

黒さき海斗「「あ〜カッコいい事言ってるけども鼻毛出てる」、気楽なスタイルでイタズラが上手いフレーズ。
R-指定は、鼻毛を受けて
「鼻毛が出てるバカボンのパパ 髪の毛は宮本武蔵 バガボンドだな」
と決める。

クリティカルで、R-指定とT-PABLOWの勝利。
VIPゲストの山田マン(ラッパ我リヤ)が「空気読んでたのと空気作ってた方の違いかな」とコメント。

いつもよりLiveスタートの時間が早いな。
と思ってると、
Creepy Nuts (R-指定 & DJ 松永)の『助演男優賞』につづいて、
「ちょっと真面目な話をします」
R-指定のMC。
フリースタイルがブームになってること、いまの状況、未来について。
「手放しによっしゃブームや俺らの時代やった―って思ってる人はいない」
危機感や複雑な思いを抱えてやっていることを語る。

最後に、
「いい曲つくっていいライブする。
このシンプルなこと。
ブームが来てもブームが去っても」
と語ってから、『未来予想図LIVE ver.』。
熱い思いを伝えた。

「彼らの為の予想図を僕らは広げといてあげればいい」と、いとうせいこう。
恐れにも、ブームにも、呑み込まれずやっていくことを宣言する曲。
それを聞いた先駆者が語る彼らに託す未来への思い。
グッとくる。

一方、サ上さんはインスタで、
“90秒縛りのライブがなんでクリーピーはフルなの?(…)いつも平等に一緒にやれよ、納得いかないね。クソ。”
と激おこプンプン丸。これはこれでリアルな熱、グッとくるよね。(テキスト/米光一成 イラスト/小西りえこ