写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは2月15日、パイオニアブランドのLightning直結イヤホン「RAYZ Plus (型番:SE-LTC5R)」と「RAYZ (型番:SE-LTC3R)」を発表した。発売は3月下旬。価格はオープンで、推定市場価格はRAYZ Plusが15,800円前後、RAYZが11,800円前後。

○RAYZ Plus

RAYZ Plusは、iPhoneなどのLightnig端子に直接接続できるイヤホン。世界で初めて(※)、ケーブルにiOSデバイス用の充電ポートを装備しており、iPhoneなどを充電しながら音楽を聴けるほか、通話を楽しめる。
※オンキヨー&パイオニアイノベーションズ調べ。

ノイズキャンセリング機能を搭載。また、きょう体にマイクを内蔵しており、ユーザーの耳と周囲をスキャンすることで、使用時の環境に合わせて音楽再生を最適化できる。イヤホンを外さずに外部の音を取り込める「HearThru」モードも搭載している。

Appleの第2世代Lightning Audio技術を採用し、外部バッテリーなし(Lightning経由でiPhoneなど端末から供給)で駆動。消費電力が少ないことをうたっており、iPhoneに同梱されているLightningイヤホンの半分だという。

リモコンには、音量や再生/一時停止を操作する3ボタンのほか、第4のボタン「スマートボタン」を搭載。音声通話時にミュートしたり、アプリを起動したりなど、さまざまな機能を呼び出せる。スマートボタンに割り当てる機能は、専用アプリで設定できる。

・ドライバー径: 9.2mm
・再生周波数帯域: 10Hz〜20kHz
・ケーブル: 1.2m
・重量: 約5g(ケーブル含まず)
・付属品: イヤーピース(S/M/L)、ケーブルクリップ
・カラー: ブロンズ、グラファイト

○RAYZ

RAYZは、RAYZ PlusからケーブルのLightning接続用充電ポートを省略したモデル。カラーはオニキスとアイスの2色。そのほかの仕様はRAYZ Plusとほぼ同じ。

(藤谷佳奈)