インフォームド・コンセントは「言うはやすく、行なうはかたし」(shutterstock.com)

写真拡大

 「インフォームド・コンセント」や「インフォームド・チョイス」がもっとも進化している乳がん治療の現場では、乳がん告知のあと、生命予後や治療成績、その副作用・後遺症が説明されつつ、いくつかの「治療の選択肢」が提示される。

 そして、医師に「来週までに、ご自分で決めてきてください」と言われる。

 たしかにマニュアル通りなのだが、これでは知識に乏しい患者にとって、あまりに酷な要求である場合が少なくない。パニック状態に陥る患者さんがいても、ちっとも不思議ではない。

実態は、<よくわからないが同意しないと先に進まない>

 インフォームド・コンセントは「言うはやすく、行なうはかたし」が実態に近い。

 医療者側から見ると、説明文を準備した上で患者さんに医療の内容を説明して同意書にサインをもらえば(ICを確認すれば)一件落着。何か不都合があれば、その書類がそのときものをいう、といったところが実感・実態に近い。

 一方、患者さんにとって、インフォームド・コンセントに基づくインフォームド・チョイスは明白な「患者の権利」だ。とはいえ、多くの難解な医学用語を交えた説明を突然受けた患者さんは、「よろしいですね」もへったくれもない。

 「よくわからないけれど、同意書にサインをしないと先に進まない」と感じるのではなかろうか。

 多くの場合、この現実はどうしようもない。医学知識はとても広範かつ複雑で、ちょっとやそっと勉強したくらいで簡単にわかるようなしろものではない。圧倒的な医学知識の落差を埋めて、医師の言うことを100%理解することは、まず絶対に不可能! といってもいい過ぎではない。

 患者さんと直接お話しするとき、「もっとよく知りたかったら、ぜひ医学部に入学してください」と冗談を飛ばすことがある。
医学的内容は複雑怪奇・難解至極

 私は、インフォームド・コンセントの書面の「私は○○を理解しました。よって、△△に同意します」は何とも不適切だと思っている。「理解」を「納得」に置き換えるべきだと以前から主張し続けている。

 日々、医学生に医学を教えている立場からすると、授業で時間をかけて、ていねいに説明・解説した上で試験しても、学生たちは「ろくにできない」ことが多い。試験前には教科書やノートを見ながら復習をしているだろうに......。

 それほど医学的内容は複雑怪奇・難解至極だ。医学用語のひとつひとつを理解しないと、疾患の診断や治療を理解するのはなかなかおぼつかない。医師は、舌は「ゼツ」、左側は「サソク」、両側は「リョウソク」と発音する。「繊維」でなく「線維」という用語を使う。

 壊死(えし)、梗塞(こうそく)、浸潤、穿孔、断端、腫瘤、異型性と異形成、上皮と間質、冠動脈と肝動脈、腹膜・空腸・上行結腸などなどの用語が使われたとき、すっと理解できる患者さんがいるほうが不思議だ。

 「口腔」は医学では「こうくう」と読むが、本来は「こうこう」だ。 「肉芽」も「にくが」ではなく「にくげ」と読ませるのが医学界の風習だ。

「understand」は「理解する」ではなく「納得する」

 世界保健機構(WHO)や米国医師会(AMA)のインフォームド・コンセントの説明の英文原文を読み直すと、意外にも説明を「理解する」というニュアンスは乏しいようだ。

 「be aware of(気づく)」「be informed(知る)」といった単語が使われている。「better understanding」のために質問するチャンスを保証するとも記載されている。この「understand(わかる)」は、「理解する」ではなく「納得する」が近いと私は思いる。

 「私は納得しました」を英語に訳すと「I understand」になる。極言すれば、ICの説明内容に「理解」を求めるのは誤訳だといえる。

 私は、病理医はクールで客観的でありたいと常々願っているし、それができる人種ではないかと思っている。患者さんには、もっともっと病理医を活用してほしい。


連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側「」バックナンバー

堤寛(つつみ・ゆたか)
藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏、日本病理医フィルハーモニー(JPP)団長。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。