KARA ギュリ、自殺予防リレーキャンペーン「Air Kiss」に参加し挨拶(動画あり)

写真拡大

KARAのギュリが、保健福祉部と中央自殺予防センターの「大丈夫?Air Kiss」キャンペーンに参加し、生命尊重文化の拡散に積極的に乗り出た。

「大丈夫?Air Kiss」キャンペーンは、保健福祉部と中央自殺予防センターの主催で行う、自発的な問題ファイトキャンペーンで、暖かい生命の息を吹き込むという意味のAir Kissを通じて、周りの人たちに対する関心と表現が自殺予防のスタートというメッセージを盛り込んでいる。

ギュリはプロゴルファーのシン・ジエ選手からAir Kissリレーを受け継ぎ、キャンペーンに参加することになった。

ギュリはAir Kissキャンペーンを撮影する中「ジエちゃん、韓国に来たら一緒に食事しよう。とても会いたい」とシン・ジエ選手に気持ちを伝えた。そして同僚俳優であるイ・ジョンヒョクを次のAir Kissランナーとして指名し、挨拶を伝えた。

最後にギュリは「このキャンペーンを見るすべての方々が、周囲に温かい挨拶を伝えてほしい」とAir Kissキャンペーンに参加した感想を伝えた。

「大丈夫?Air Kiss」キャンペーンは、保健福祉部のチョン・ジニョプ長官、サッカー解説者イ・チョンス、歌手Block Bのジコ、歌手ペク・チヨン、俳優ナム・ジュヒョク、俳優カン・ハヌル、女優ユン・セアなどが参加し、Air Kissの映像は中央自殺予防センターのFacebook、NAVER tvcastなどを通じて確認することができる。