ジョエル・エドガートンとジョン・バーンサル Photo by Axelle/Bauer-Griffin/
FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 アンソニー・ヘイズの新作スリラー「Stingray(原題)」に、ジョエル・エドガートンとジョン・バーンサルが出演することがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作は大物犯罪者(エドガートン)の兄弟を誤って殺害したチンピラ(バーンサル)が、見返りとして2日以内に自身の家族1人を殺すよう強要されるというストーリー。監督・脚本を手がけるヘイズは、出演も兼ねるという。

 エドガートンは、異人種間の結婚が禁じられていた1950年代の米バージニア州を舞台に、愛を貫くため戦った夫妻の実話を映画化した「ラビング 愛という名前のふたり」で、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。ちなみに、同作でエドガートンの妻役を演じたルース・ネッガは、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。日本公開は3月3日。

 バーンサルは、ベン・アフレックが凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション「ザ・コンサルタント」に出演しており、こちらは現在、日本公開中。