あれ?今日じゃなかったっけ?

写真拡大

街はバレンタインデーで盛り上がっているのに、忙しすぎてパートナーにチョコレートを用意するのを忘れていたという、うっかりさんのために、言い訳をまとめました。

本人や相手のキャラクター、2人の関係性によっては、高感度アップにも幻滅にもつながるので、よく考えてセレクトしてくださいね。

節約家ならOK? パートナーのタイプにもよる

◆手作りしたけど失敗したの

これはカワイイ言い訳です。あなたのためだけに努力した!という特別感を印象付けながら、下手なものは差し上げられませんという謙虚な気持ちもプラス。潔癖症の彼なら、内心ホッとしているかも。

「また手作りするから、成功したら食べてね」と付け加えてみましょう。

◆迷いすぎて、どれを買ったらいいか分からなくなったの

優柔不断アピールも、「こらこら〜」と許してもらえるかも。彼のことを一生懸命考えるあまり、混乱してしまったという点で、「あなたは特別なの」という気持ちを伝えられます。

「一緒に買いに行こう!」と次のデートの約束をしましょう。

◆バレンタインデーの習慣は無しで

バレンタインの出費は抑える主義だと伝えれば、ホワイトデーのお返しも必要なくなります。洒落っ気はありませんが、"彼氏想いの現実派"と思われ、婚期が近づくかも?

「誕生日は期待しててよ〜」と、視点をそらしましょう。

◆翌日が安いのよね

バレンタイン用の高額チョコが翌日は半額になっていることもありますよね。節約家のパートナー限定の言い訳です。「同じ値段で倍食べられるよ」と言えば、腹ペコ彼氏にも通じるかも。

◆バレンタインデーを1日ずらす大統領令が出たらしい

嘘をつくなら、明らかに疑わしい表現を選ぶのも、ひとつの手です。ユーモアのセンスと、裏表のない正直さを同時にアピール。笑いの絶えない明るいカップルって、よくないですか?

すかさず「ごめん」と素直に謝りましょう。