野菜ソムリエも認める具材入りドレッシング

写真拡大

江崎グリコは、指摘されて久しい「野菜不足」に対して高まる解消ニーズに応えようと「ごろっとした具材入りのドレッシング」をそろえた「DELICA de Salad(デリカdeサラダ)」シリーズを、2017年2月14日に発売した。「鶏肉のごまドレッシング」「レンコンの肉みそドレッシング」「タケノコの中華ドレッシング」の3種類。

高まる「野菜不足」解消ニーズに応え開発

製品には、肉や野菜などがたっぷり入っており、そのままかけるだけでちょっと豪華なデリカ風サラダが用意できる。メイン料理にもう1品追加したい時や食卓に彩りが欲しい時におすすめという。

使い切りサイズ(約2〜3人前の野菜、約150g想定)で、フレッシュな味わいがいつでも楽しめるという。

「国民栄養・健康調査」(2015年)によると、野菜摂取量(1日)は、目標値350グラムに対し平均値は293.6グラムで、56.4グラム足りない。男女別の摂取量は男性299.4グラム(50.6グラム不足)、女性288.7グラム(61.3グラム不足)。同調査によると「この10年間、総数、男女とも有意な変化はみられなかった」

こうした現状を背景に高まってきた「野菜不足」解消ニーズに応えて開発。「ごろっとした具材が入った」新タイプのドレッシングとなった。

同社が実施したアンケートでは、野菜ソムリエ100人が「野菜を美味しく食べられる」と回答したという。

価格は200円(税別)。