鈴木優磨と鎌田大地、仲良すぎ!2人がやってる「言い訳のし合い」って?

写真拡大

13日に行われたJリーグのキックオフカンファレンス。

各クラブによるプレゼンテーションが行われた第2部では、特設インタビューブースに仲良しの2人が現れた。

鹿島アントラーズFW鈴木優磨とサガン鳥栖MF鎌田大地だ。

ともに1996年生まれの両者は私生活でも仲がいいことで知られている。この日、揃ってカメラの前に登場すると…

まずは息の合った"Handshake"で挨拶!

この2人はInstagram上でラップ合戦を繰り広げるなどしているが、やはりヒップホップが好き?

その後、インタビューでは両者の関係について言及。「同世代の選手を気にするか?」と問われ、鈴木は「ここはもう気にし合ってます」と答えた。

以下がその内容だ。

鈴木「常におまえには負けねぇって」

(キックオフ前に連絡とり合ったりするんですか?)

鈴木「それは間違いなくします」

鎌田「キックオフ前と言うか…得点を毎年勝負してるんですけど、こいつが8点とっておれが去年7点で負けちゃったんですけど、それに対する言い訳のし合いっすよね。こいつはPK3本蹴っててそれはセコいぞって」

(笑)

鈴木「でもおれはこいつより出場時間が短いとか。そういうのを常に言い合ってます」

ポジションもチームも違う二人だが、お互いで高め合おうとする良い関係を築いているようだ。