虹村形兆演じる岡田将生(左)と虹村億泰に扮する真剣佑(右) (C) 2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

荒木飛呂彦原作の人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」を山崎賢人主演、三池崇史監督で実写映画化する『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。この映画より新たに岡田将生と真剣佑のビジュアルが解禁となった。

実写版『ジョジョ』、神木隆之介と小松菜奈のビジュアル解禁!

本作は、1986年から連載がはじまり、シリーズ累計1億部を記録した人気コミックの実写映画版。19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリーで、今回映画化されるのは第4部『ダイヤモンドは砕けない』。

これまで、主人公・東方仗助役を演じる山崎と、仗助の同級生・広瀬康一役の神木隆之介、同じく同級生・山岸由花子役の小松菜奈のビジュアルが解禁となってきたが、新たに岡田扮する虹村形兆(にじむら・けいちょう)と、真剣佑演じる形兆の弟・虹村億泰(にじむら・おくやす)のビジュアルが到着した。

岡田扮する形兆は、ある恐ろしい目的のために杜王町で暗躍している冷酷無比な男。原作ファンを公言している岡田は、形兆役について「冷酷な部分もあるけれど、信念のある役」と語っている。劇中では金髪のロングヘアという奇抜なビジュアルを披露している岡田は「衣装とヘアスタイルが本当に素敵。毎日準備していく中で形兆になっていける。強味になっている」と、自身のビジュアルの出来についても自信をのぞかせる。

一方、真剣佑演じる億泰は、深く物事を考えずいつも形兆の足を引っ張る困った弟という役どころ。昨年9月に行われた本作のプロジェクト発表記者会見で「億泰は兄の形兆のことをものすごく愛している役。ちょっと抜けているところもあるので、憎めない億泰を演じたい」と意気込みを明かしていた真剣佑は、役作りのため、サイドの髪を銀色に染め上げ、剃り込みを入れて眉毛も剃って撮影に臨んだ。この特徴的なビジュアルについて「億泰を演じる上で試行錯誤を繰り返しましたが、作り込んで行く中で近付いていけたと思います」と語り、ビジュアル作りが役作りに結びついたことを明かしている。

これら2人のビジュアルからは異様な雰囲気が漂い、形兆と億泰という“虹村兄弟”がどのようなコンビネーションで山崎演じる仗助らと対峙していくのか、完成作に期待が膨らむ! その『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国公開となる。