15日、中国メディアの観察者網が、世界中で秋田犬人気が高まっていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は秋田犬。

写真拡大

2017年2月15日、中国メディアの観察者網は日本メディアの報道を引用し、世界中で秋田犬人気が高まっていると伝えた。

記事によると、2009年に公開された米国の映画「HACHI約束の犬」がきっかけで秋田犬が人気になったという。00年には海外での秋田犬の登録数は73頭だったのが、15年には1267頭に増加、16年には3922頭となり急増、日本国内の2628頭を初めて上回った。

秋田犬保存会によると、特に中国で秋田犬の人気が高く、16カ所ある同会の海外クラブのうち、10カ所が中国国内にある。品評会で賞を取った犬を富裕層がステータスとして飼育しており、1000万円の値段がついた例もあるという。

その一方で、偽物も増えており、雑種を秋田犬として高額で販売されていた例もある。保存会では、昨春からは血統書に偽造防止ですかしを入れ、昨年末には犬籍申請時は生後10日と30日の子犬の様子と、親の交配時の写真を添付するよう義務付けるなど、管理体制を強化している。

これに対し、中国のネットユーザーから「中華田園犬と比べて秋田犬のどこに優位性があるのか分からない」「オリジナルの中華田園犬を飼わずに、日本の亜種を飼うなんておかしい」などのコメントが寄せられた。中華田園犬とは、中国で昔から飼育されていた地元の犬種だが、血統を保護してこなかったので生物学上の明確な定義はない。

また、「まるで世界中の人が日本人のことを好きだと言わんばかりのニュースだな」「それはないだろう。周囲の金持ちで秋田犬を飼っている人は誰もいない。1人もいないぞ」など、否定的なコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)