エリザベス・ギリーズ

写真拡大

米CW製作による『ダイナスティー』リブート版に、米ニコロデオンのコメディドラマ『ビクトリアス』のエリザベス・ギリーズが出演することが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。

1981年から9シーズンにわたって放送された『ダイナスティー』は、大富豪一家キャリントン家の愛憎劇を派手なストーリー展開で描き大ヒットした作品。リブート版ではアメリカの二大富豪、キャリントン家とコルビー家が繰り広げる確執や複雑な人間関係が、キャリントン家の家長だったブレイクの娘ファロンと、彼女の義理の母親に当たるクリストルの視点を通して描かれる。

リブートでエリザベスが演じるのは、ブレイクと彼の最初の妻アレクシスの間に生まれた長女ファロンで、オリジナルでパメラ・スー・マーティンが演じた役だ。そして、ファロンの義理の母親にあたるクリストルには、大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズでニーラ役を演じたナタリー・ケリーがキャスティングされている。クリエイターを務めるのは、『ゴシップガール』を手掛けたジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージ、『リベンジ』のサリー・パトリック。

エリザベスは、米FXのドラマシリーズ『Sex&Drugs&Rock&Roll(原題)』のジジ役でレギュラー出演していたほか、米ニコロデオンのコメディ『i カーリー』や人気犯罪捜査ドラマ『ホワイトカラー』などにもゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)