PKストップなどで勝利に貢献しMOMに選出されたエデルソン「僕が英雄だとは思っていない」

写真拡大

▽ベンフィカのブラジル人GKエデルソン・モラレスが、14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

▽ホームにドルトムントを迎えたベンフィカは前半をゴールレスで終えると、迎えた48分にセットプレーからミトログルのゴールで先制する。その後はドルトムントに主導権を握られるが、エデルソンのPKストップなど好守もあり1-0で先勝した。

▽試合後、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたエデルソンは、次のようにコメントしている。

「僕たちはオープンな展開を予想していて、その通りの展開となったね。個人的にはいくつか良いセーブがあって、チームの勝利に貢献できたと思う。でも僕が英雄だとは思っていないよ。チームの誰もが勝利するためにプレーした。それが僕らが結果を残せた要因の1つだね」