写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは2月14日、電子サイコロの向きで、現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」を2月15日から提供開始すると発表した。価格は個別見積もり。

同ソリューションは、立方体の箱に入ったIoTタグから発信されるセンサー情報を、PCに接続されたIoTルータが集約し、専用アプリケーション上でファイル出力や集計結果の可視化を行う。

電子サイコロ内のIoTタグは、一定時間ごとにセンサー情報を電波で発信しており、近くのIoTルータは、キャッチした情報をPCに接続された親機のIoTルータまでリレーで送信する。

PCに蓄積されたセンサー情報は専用のアプリケーション上で、ファイル出力や集計結果として可視化できるため、作業員は紙やシステムへの入力の手間がなくなるという。

また、センサー情報と位置情報を合わせて分析することで、作業員の場所や危険な行動、転倒、動作停止などを迅速に察知できるようになり、安全管理を実現する。

さらに、6面で計測できない複雑な作業などは、複数の電子サイコロを組み合わせて、測定することもできる。

(辻)