写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プレイドは2月14日、Web接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、LINEが提供する「Official Web App」と「LINE Beacon」に対応したことを発表した。

KARTEは、Webサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができるほか、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信も可能なサービス。2016年3月には新機能「KARTE TALK」を発表し、チャットやSMS、メール、Facebookメッセージ、ブラウザ通知、スマートフォン通知などでのアクションが可能となった。

今回連携したOfficial Web Appは、企業が自社のWebサービスとLINEアカウントを連携させ、LINEを起点にした「集客」「アクション誘導」「リピート促進」などを可能にするもの。

LINEアカウントでのログインを可能にする「LINEログイン」や、APIを通じたコミュニケーションを可能にする「LINE ビジネスコネクト」、LINEの登録情報をもとに会員登録時などの入力を補助する「プロフィール+」などの機能がWebサイト上で利用できる。

KARTEではこれまで、サイバー・コミュニケーションズと共同で提供するサービス「CLINE by KARTE」によりLINE ビジネスコネクトとの連携を実現していた。しかし、今回の連携により、LINE公式アカウントやLINEビジネスコネクト、LINE@のいずれかのアカウント(以下、LINEアカウント)と連携することが可能となる。

また、LINEアカウントでのやり取りはすべてKARTE上で行うことができるため、企業はユーザーへの返信のためにアプリを立ち上げる必要はない。加えて、一斉配信だけでなく、一人ひとりにあわせたメッセージ配信や、特徴で絞り込んだグループへの配信も可能で、顧客との関係性の構築がよりスムーズに行える。

さらに、「LINE Beacon」端末を活用すると、リアル店舗とWebサイトをシームレスに繋げた接客が可能に。例えば、リアル店舗に来訪した顧客に対し、LINEを通じたメッセージ配信をリアルタイムに行ったり、Webサイト再訪時にリアル店舗で閲覧した商品のレコメンドを行ったりすることができるようになる。

(小松原綾)