写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)では3月16日〜6月25日、「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」を開催する。

同展は、「刺す」「かむ」「中毒」などさまざまな毒を持つ生物を紹介するイベント。2014年夏に「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」を開催し、94日間で約20万人が来場したという。

今回のイベントでは、展示生物を全てリニューアル。「防御するための毒をもつ生物」「毒を利活用する生物」「死亡例のある生物」の3つのコンセプトをベースにゾーン分けを行い、毒を持つ生き物たちを紹介する。さらに、「触れる」「嗅ぐ」といった五感で「毒」の体験を楽しめるコンテンツも用意している。

「防御するための毒をもつ生物」をコンセプトとしたゾーンでは、「魔女の毒薬調合室」をイメージした室内にて、ヤスデやムカデなどをはじめ、カエルや淡水エイなど外見も毒々しい生き物たちを展示する。

「毒を利活用する生物」のゾーンは、マッドサイエンティストの研究室をイメージした室内となっており、毒ヒレや毒牙をもつ魚類や強毒のクラゲ、陸ガメの中で唯一毒をもつハコガメ、刺激臭を放つスカンクなどが登場する。また、「スカンクの分泌液の臭い」を体感できる仕掛けも用意している。

「死亡例のある生物」のゾーンでは、食中毒の原因となるフグの仲間や触れるだけでも危険なイソギンチャク、毒針を持つエイなど、最恐レベルの毒生物たちが勢ぞろいだという。

展示予定となっている生物は、体長40センチを超える個体も存在するムカデの最大種「ペルビアンジャイアントオオムカデ」や、淡水エイの「ポルカドットスティングレイ」、陸ガメで唯一毒を持つ「ミツユビハコガメ」、刺激臭を噴霧して敵を追い払う「シマスカンク」など。

同施設内のカナロア カフェでは、見た目は毒々しいが体には優しい解毒デトックスメニュー「デトックスヨーグルト」(税込350円)などの特別メニューを提供する。また、「ショップ アクアポケット」でも同イベントの関連グッズを販売。「もうどく展2コラボレーションポップコーン」(各・税込540円)や「もうどく展2オリジナルラバーキーホルダー」(税込486円)などもあるとのこと。

(フォルサ)