iPhoneで紙焼き写真をデジタル化!PFU「Omoidori」の企画書

写真拡大

古いアルバムに貼られた写真を保存しようとしてデジカメやスマホで撮影してみたが、保護フィルムが反射して上手く撮ることができない。そんな経験をした人は少なくないだろう。フィルムを剥がそうとすると写真やアルバムを傷つけてしまうし、アルバムに貼られていなくても、反射や自分の影が入り込んで、なかなか上手くいかないもの。

そんな悩みを解決するiPhoneアルバムスキャナ「Omoidori(おもいどり)」が人気だ。2016年6月24日に発売された直後は品切れ状態が続き、半年で1万台を出荷した。

----------

■「Omoidori(おもいどり)」の気になるポイント
・アルバムの古い写真や、子どもの紙焼き写真を簡単&きれいにデジタル化できる。
・スキャナやパソコンを使うのは面倒、難しいという人でも、iPhoneさえあれば簡単に使える
・結婚式や「終活」にも活用できる。
・商品開発チームは4人、専属担当は女性社員2人のみ。
・東日本大震災と開発者個人の想いが、これまでなかった商品を生んだ。

----------

使い方は簡単。「Omoidori」に手持ちのiPhoneをセットし(iPhone 7、6s、6、SE、5s、5に対応)、写真の上に置いてスキャンする。スキャンされた画像はアプリを通じて、iPhoneのカメラロールに保存される。これだけでアルバムの写真がきれいにスキャンできる。操作が簡単なので、デジタル機器に慣れていない高齢者でも手軽に使用できるのがポイント。購入者は40代、50代が全体の60%を占める一方、60代以上の購入者が14%に上る。

■転機になったのは、東日本大震災だった

「Omoidori」の開発がスタートしたのは今から遡ること10年前。発売元であるPFU(本社・石川県かほく市)の役員が、「アルバムの写真をテカらずに取り込めるスキャナが欲しい」と声を上げたことが始まりだった。さっそく同社の先行技術開発部門が取りかかったが、作業は非常に難航した。

写真を撮るには光が必要だが、光があるとどうしてもアルバムの保護フィルムが反射してしまう。ケースで写真を覆ってみたが、今度は光量が足りずに写真が真っ暗になる。この物理的な壁がどうしても突破できなかった。開発がスタートしてから5年の月日が経ち、誰もが諦めかけていた頃、大きな転機が訪れる。東日本大震災だ。

「テレビで瓦礫の中に写真が散らばっている様子や、被災者の方たちがアルバムを拾い集めている姿を見た役員は、『このスキャナはどうしても商品化しなければいけない。採算度外視でもいい。これは会社としての使命だ』と思ったそうです」

こう話すのは、「Omoidori」の商品化を行ったPFUの国内営業統括部パーソナルビジネス営業部の佐藤菜摘さん。下に掲載している動画に登場する、ショートカットの若い女性が佐藤さんだ。先行技術開発部門のメンバーたちも被災地の映像を見て、「思い出はいつかなくなるもの。このスキャナを実現しなければいけない」と強く感じたという。諦めムードだった社内に火がつき、開発に本腰が入った。しかし、技術的な困難は依然として立ちはだかっていた。

■自社の強みを捨てた技術者たちの「妥協」

そこで開発チームは思い切った判断を行う。まず、世界でトップシェアを誇っていた自社のスキャナの光学的な技術を使うことを断念した。物理的な解決を諦めて、ソフトウェア上での解決に転換したのだ。また、写真を反射しないようにするのではなく、あえて反射したままスキャンして、ソフトウェア上でデジタル処理するようにした。これは発想の転換だった。技術者たちにとっては大きな妥協だったが、それよりも商品化する方を優先したのだ。

「Omoidori」の仕組みは、ケースの内部でアルバムに貼られた写真を左右から交互に光をあてて2回撮影する。それぞれ反射していない右半分と左半分を継ぎ目がわからないようにソフトウェアで合成すれば、反射していない画像が完成する。その後も、ケースの形状についての試行錯誤が続き、現在の形になったのは2013年頃だった。

■わずか4人の商品開発チーム

ところで、2015年に「Omoidori」の商品化プロジェクトを引き継いだ佐藤さんは、パーソナルビジネス営業部に所属している。スキャナなどのBtoC寄りの商品を販社に販売したり、プロモーション企画を行ったりする部署である。

通常、PFUでは企画部、技術部、販売推進部、営業部など多くの部署が一つの商品にかかわるが、「Omoidori」に関しては、営業部の佐藤さんと技術メンバーの2人、商品企画メンバーの1人という計4人の最小ユニットで商品企画からプロモーションまでを一気通貫で行った。「Omoidori」の専属は、営業部の佐藤さんと企画部の女性社員2人だけだ。

「社内でも珍しいケースです。でも、最少人数の分だけ、思いを早く共有できましたし、意思決定も非常にスピーディーにできました。これまでの自社の商品とはまったく違う商品なので、このようなチーム編成が許されたのだと思います」と佐藤さん。

佐藤さんはデザイン会社「エイトブランディングデザイン」とともに、新たに製品コンセプト、ブランドの方向性などについて練り直した。夜遅くまで議論が続くことも多かったという。その結果、「世界に1冊の想い出を、手のひらに」という製品コンセプトが生まれ、複数の候補の中から「Omoidori」という名前が選ばれた。佐藤さんとエイトブランディングデザインによる共同の企画書が完成したのは2015年9月だった。

プロダクトデザインは、「想い出を残すためのツール」という商品の特徴を表現しつつ、幅広い世代に受け入れられるユニバーサルなものを目指した。「デザインには半年ほどかかっています。お皿を持ってきて、『こういう温かい色味がいい』などと検討し続けました」(佐藤さん)

プロダクトデザインが固まり、社内向けの企画書が完成したのが2016年2月。同時にプロモーション用のプレスリリースやブランドムービーも作成された。どのように顧客にアピールするかを明確にするため、先にプロモーション素材を制作するのがPFUのやり方だ。予算がなかったため、ブランドムービー(記事1ページ目の動画)には佐藤さんと佐藤さんの家族が出演した。

■「Omoidori」のターゲットは45〜65歳

「Omoidori」のメインターゲットは「45歳〜65歳」。この世代は子育てや仕事が落ち着いて、自分の人生を振り返ることが多くなる。実家に帰ったとき、アルバムを開いて自分のルーツに思いを馳せる人も多いだろう。また、SNSや友人との会話で自分語りをするのが好き。そんなとき、昔の自分の写真があれば、さらに盛り上がるはずだ。

サブターゲットは「30代〜40代」と「65歳以降」。この世代は、結婚式や葬式など、何かきっかけがあって人生を振り返ることがある。また、子育て世代なら幼稚園や小学校から紙焼き写真をもらってくることが多いので、写真の整理をする機会も多い。シニアなら自分史を作るときにも過去の写真を見ることになるだろう。親世代の遺品である写真を整理する機会もあるはずだ。

一世帯あたりのアルバム保有数は40代が一番多い。親のもの、自分のもの、子のものと、3世代にわたるアルバムを持っているからだ。したがって、40代の男女が主なユーザー層と想定されている。

競合するのはアルバムの電子化を代行するサービスだ。サービスの利用者は「Omoidori」と同じ30代、40代、50代で男女比は半々ぐらいというデータがある。利用目的も写真の整理だが、手軽さは「Omoidori」の方が圧倒的に上である。

■20代の佐藤さんを突き動かした「幸せな体験」

佐藤さんは現在入社5年目。東日本大震災が起こったときはまだ学生で、社員ではなかった。「役員をはじめ、みんなの気持ちを受け継いで商品化を進めていましたが……正直、『良い商品だけど、売れないだろうな』と思っていました」と打ち明ける。

2015年に商品開発を引き継いだ時点では、まだ「Omoidori」という名前ではなく、形状も今より男性向けのものだった。「革新的な良い商品だと思いましたが、自分では欲しいとは思いませんでした。まったく共感できなかったんです」(佐藤さん)

2015年の秋、佐藤さんは祖父を亡くしている。どうすれば大好きだった祖父を偲んであげられるかと考えていたとき、手元にあったのが「Omoidori」のプロトタイプだった。佐藤さんは祖父が残したアルバムをすべてスキャンし、大きくプリントしたものを葬儀の祭壇に飾ったり、メモリアルムービーを作って流したりした。

「写真はそのまま眠らせておくのではなく、デジタル化して見返すことで、親戚や知り合いの方たちと思い出を語り合うことができるんだと実感しました。それまであまり共感できなかったこの製品がすごく大切なものだと気づいたのです」

このときの「幸せな体験」が、「Omoidori」の商品コンセプトの根幹になっている。

「Omoidori」は写真という思い出を未来に残すガジェットであると同時に、思い出をまわりの人たちと共有するコミュニケーションツールでもある。

現在は熊本地震の被災地でボランティア団体が「Omoidori」を使い、写真をデジタル化することで被災者の楽しかった思い出を語り合うなどの活動を行っている。中心にあるのはコミュニケーションだ。「東日本大震災に開発の背中を押された製品なので、そうやって貢献できているのが嬉しいですね」と佐藤さん。

今後は発売2年半で5万台の売上を販売目標に据える。宣伝予算が使えない分、開発に携わった自分たちが商品に込めた思いをストレートに伝えていきたいという。商談にも佐藤さん自らが出向いて直接説明する。「企画から携わっている人間が説明すると、バイヤーさんもすごく感動してくれます。こちらの思いがバイヤーさんに伝わると、お店に来るお客さんにも伝わりやすいんですね。最少人数で商品開発をしたメリットだと思います」(佐藤さん)。

口コミは「Omoidori」の最大の武器だ。「写真をデジタル化することで、こんなに幸せな体験ができるんだ、ということを地道に伝えていきたいですね」と佐藤さんは意気込む。

----------

■次のページでは、PFU「Omoidori」の企画書を掲載します。

----------

■PFU「Omoidori」商品企画書

この企画書が作成されたのは2015年7月頃。社内プレゼンのために作ったものだ。Omoidoriは商品化を一からやり直したため、社内を納得させるために、スペックではなく、ストーリーを重視して作ったという。

佐藤さんはデザイン会社「エイトブランディングデザイン」と一緒に、何度も打ち合わせを重ねながら「製品コンセプト」「ブランドの方向性」「製品名の方向性」「製品名」などを練り上げて企画書を完成させていった。メーカーの人間から核になる言葉を引き出さない限り、良いブランドはできないというのがエイトブランディングデザインの考え方だ。「エイトさんは、ものすごくスパルタで、この頃が一番キツかったです。エイトさんがこんな風にブランディングからデザインをする会社だって実はわかっていませんでした……(笑)」(佐藤さん)

「製品名の方向性」のページには、「TOBAN」「ピカルナ」などのボツ案がたくさん掲載されている。「アルバム=家族の大切な記憶や思い出をのこすツール」という方向性で出てきた候補の中から「Omoidori」という名が選ばれた。

PFU「Omoidori」商品企画書

(大山 くまお=文)