国土交通省が2月9日、ハンドルやブレーキペダルが無い自動運転車が公道を走行できるよう、道路運送車両法に基づく保安基準を改正しました。

1

自動運転車サービスの公道実証実験を進めるのが狙いで、一定の安全確保措置を満たした車両であれば、地方運輸局の認可を条件に公道を走行できるようになります。

これまでハンドルやブレーキ/アクセルペダルなどが無い自動運転車は公道を走ることができませんでしたが、今回の基準緩和により、速度制限やルートの限定、緊急停止ボタンの設置といった安全確保措置を講じることを条件に可能にしたもので、同省では今後、走行速度、走行ルートの距離や通行量など安全条件の詳細を詰めるそうです。

自動運転車の実証実験では、昨年11月に国家戦略特区の秋田県仙北市と内閣府が共同でハンドルや運転席が無い自動運転車を公道で走らせています。

国交省は昨年11月、省内に自動運転戦略本部を設置。

2016年5月にまとめた「官民ITS構想・ロードマップ2016」で、2017年を目処に限定地域で人流・物流の確保を目的に、無人走行車サービスの実証実験を行う予定としており、具体的には超高齢化が進む中山間地域と「道の駅」を結ぶ自動運転サービスなどを想定しているようです。

これらの実証実検を経て2020年からは民間ベースでの自動運転ビジネスの展開を目指しているそうで、例えば高速バス停と観光地を結ぶ交通手段に活用することで、自動運転車による観光地周遊が実現する可能性も出てきます。

政府はこのように、交通事故の削減や渋滞緩和、少子高齢化による公共交通衰退などに対応すべく、積極的に「自動運転車」を活用していく考えのようです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

国交省が日本主導で「自動運転」に関する世界基準策定へ
http://clicccar.com/2017/02/07/443095/

「5G」活用で無人運転バスを遠隔制御!DeNAとドコモが実証実験
http://clicccar.com/2016/11/23/419141/

DeNAが8月からイオンモールに「自動運転バス」を導入!
http://clicccar.com/2016/07/11/384785/

国家戦略特区プロジェクト「自動運転タクシー」実証開始!
http://clicccar.com/2016/03/14/358394/

モバゲーのDeNAが「ロボットタクシー」事業に進出!
http://clicccar.com/2015/05/20/307957/

【関連リンク】

国土交通省 道路運送車両保安基準等改正
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000239.html

国土交通省 自動運転等に関する取組状況
http://www.mlit.go.jp/common/001155164.pdf

国交省が保安基準改正、自動運転車の公道走行が可能に!(http://clicccar.com/2017/02/15/445070/)