衝撃のテロに対して、彼らはいかにして立ち向かったのか?
 - (C) 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

 2013年4月15日、米ボストンで発生した爆弾テロ事件をテーマに、犯人特定から逮捕まで4日間というスピード解決の裏側を、『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグ主演で映画化した『パトリオット・デイ』が6月に日本公開されることが決定した。

 本作で描かれるのは、アメリカの休日である「愛国者の日」(パトリオット・デイ)に毎年行われる、ボストンマラソンを狙った凶悪な爆弾テロ事件の裏側。およそ50万人の観衆でにぎわい国内外から多くのランナーが集まるなか、ゴール付近で2度の爆発が発生。多くの死傷者を出した。

 爆発の瞬間を捉えた映像は世界中で拡散され、アメリカは文字通り震撼。映画では、事件発生からおよそ4日、わずか102時間で容疑者を特定し逮捕するという劇的な展開の裏側にあった真実を活写。未曽有のテロ事件に直面した地元ボストン警察の面々が、FBI捜査官らの思惑と衝突しながらも、やがて浮上した黒い帽子の男と白い帽子の男を容疑者として追跡していくさまを描き出す。

 メガホンを取ったのは、マークとのタッグで、やはり実際に起きた事件をもとにした『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』などの実録ドラマを生み出しているピーター・バーグ監督。『バトルシップ』などの大作アクションを生み出しながら、社会派の一面も見せるバーグ監督の手腕に注目だ。2016年のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では2人そろってスポットライト賞を受賞している。

 マークの脇を固めるのは、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズなど実力派俳優たち。実在の人物を実名のまま演じるなどリアリティーにも徹底的にこだわった描写で、“知られざる英雄たち”とテロリストの激しい攻防を描きだす。(編集部・入倉功一)