思いついたアイデアを残したいときは、文字より手書きのイラストの方が良い場合もあります。

そんなときに、iPhoneで手書きのメモを残しておく方法を紹介いたします。

メモアプリのスケッチ機能を使う

iPhoneに最初から入っているメモアプリには、スケッチ機能が用意されています。


メモを新規作成して【+】をタップ。


左から4番目のボタンをタップしましょう。


使えるツールは5種類、ペン・マジック・鉛筆の色は24種類です。


間違えたときは、画面左上にある矢印のボタンをタップ。1操作ずつ取り消せます。


スケッチは拡大できるので、細かな描き込みもできます。1本指だと描き込んでしまうので、移動は2本指で行います。


通常は縦長のスケッチになりますが、回転させて横長にもできます。


定規の使い方

タップして定規を表示させたら、目盛りの縁をなぞりましょう。すると、まっすぐに線を描くことができます。


2本の指でタップし、片方の指を中心にして他方の指で円を描くように動かすと、定規の角度を変えられます。地図アプリで画面を回転させるときと同じ操作です。


消しゴムツールにも定規が使えます。たとえば定規の上側で消しゴムを使い始めると、下側に指をスライドさせても定規より下の線は消えません。


メモを横断してスケッチを探せる機能もあります。こちらのページをご覧ください。
メモアプリの写真・リンク・スケッチを一覧表示する方法