いよいよ理事長に?(貴乃花部屋オフィシャルサイトより)

写真拡大

 角界には今、大きな地殻変動の予兆がある。19年ぶりに誕生した日本出身横綱、稀勢の里の一挙手一投足を多くのメディアが連日報じ、来場所どんな活躍を見せるかに期待が集まっている。その一方で、誰にでも全力でぶつかっていくガチンコ横綱誕生によって、協会内のパワーバランスも大きく変わろうとしているのだ。

 それというのも、ガチンコ新横綱の誕生と軌を一にするように、「土俵改革」を訴える貴乃花一門の周辺が活気づいているのだ。

「貴乃花親方は、昨年3月の理事長選で八角理事長(元横綱・北勝海)の多数派工作に敗れ、現執行部体制では非主流派となっていますが、貴乃花を慕う親方は若手を中心に多く存在します」(協会関係者)

 師弟関係などの歴史的経緯をベースに成り立つ他の一門と違い、“新興勢力”である貴乃花一門には、貴乃花親方の相撲道に共感した親方たちが集まっている。

「阿武松(おうのまつ)親方(元関脇・益荒男)をはじめ、真剣なぶつかり合いで土俵の充実を図ることをなにより重視するガチンコ部屋が集っており、その勢力は拡大しています。昨年は貴乃花部屋の部屋付き親方だった常磐山(元小結・隆三杉)が、それまで出羽海一門の名跡だった千賀ノ浦を襲名し、貴乃花一門に加わりました」(若手親方の一人)

 奇しくも先場所は、この数年、優勝争いを席巻してきたモンゴル力士グループの退潮も明らかだった。

 横綱・鶴竜は10日目までに5敗して11日目から休場。これまで何度となく稀勢の里の前に立ちはだかってきた白鵬も11勝4敗の成績に終わり、2月5日に行なわれた大相撲トーナメントも初戦敗退といいところがなかった。

 初場所14日目に白鵬に土をつけたのは貴乃花部屋の貴ノ岩で、白鵬がそこで3敗目を喫したことにより、稀勢の里の優勝が決まった。

「モンゴル人横綱に土をつけたり、彼らに代わって活躍を見せたりした力士には、貴乃花一門と近いとされる部屋の力士が少なくなかった。9日目に鶴竜に勝った西前頭3枚目の勢が所属する伊勢ノ海部屋、終盤まで優勝争いを演じた逸ノ城が所属する湊部屋などもガチンコ勝負の部屋として知られます」(担当記者)

 そして、場所後にはガチンコ横綱・稀勢の里が誕生した。まさに貴乃花親方の標榜する真剣勝負で土俵を充実させる路線に、相撲界全体が動き出しているように見える。

 そうなると、昨年の理事選で非主流派となった貴乃花親方が、“復活”するのかに必然的に注目が集まってくる。相撲協会の理事選は2年に一度行なわれ、10人の新理事の互選により理事長が選任される。

 次の理事選は来年2月だ。親方衆8人の貴乃花一門の勢力は当選ラインの10票に及ばないが、理事選の際は貴乃花親方を支持する“シンパ”が存在する。

「時津風一門の錣山親方(元関脇・寺尾)などは貴乃花親方に共感していることを公言し、それを隠そうともしません。

 2010年の理事選では、貴乃花親方が二所ノ関一門を離脱し、『土俵改革』を掲げて立候補しましたが、“貴の乱”と呼ばれたその頃から、水面下で共感する親方たちがいました。土俵の盛り上がりとともに支持が広がれば、八角理事長体制にもくさびが打ち込まれることになる。

 なかでも注目されるのは稀勢の里の所属する田子ノ浦部屋です。二所ノ関一門に所属していますが、真剣勝負を続けるために同じ一門の部屋とも極力交流を断つガチンコ部屋で、ここが貴乃花一門に合流すれば、改革へのうねりは一気に大きくなる」(同前)

※週刊ポスト2017年2月24日号