彼の胃袋をわしづかみ! 「伝説のすた丼」を再現してみた

写真拡大 (全9枚)

みなさんは「伝説のすた丼屋」というお店を知っていますか? 東京都の国立を発祥とし、関東を中心に全国展開をしているスタミナ丼のお店です。メディアでも多く取り上げられており、最近ではローソンの「からあげクン」に「すた丼味」が登場したことで話題にもなりました。

では、この「すた丼」ってどんな食べ物なんでしょう? 今回はすた丼の再現レシピにチャレンジしてみました☆

■すた丼を再現してみた



材料は簡単に手に入るものばかり。豚肉300g程度、ねぎ1本、にんにく1〜2かけで2〜3人分の量になりますよ。ちなみに実際のすた丼は並盛りでお茶碗約3杯分のボリュームなんだそう!! 今回の分量はちょうど1杯分くらいに相当します。

なお再現度を高めるのであれば、豚肉はしゃぶしゃぶ用推奨ですが、薄切りの豚ばら肉や豚こま肉でもOK。筆者は薄めの豚ばら肉を使用しました。


1 ) 沸騰したお湯に大さじ2杯の油を入れ、豚肉を30秒ほど茹でてザルにあげます。お店では油通しをしているそうなので、再現度を高めるのであればチャレンジしてみて。


2 ) 合わせ調味料を作っておきます。醤油大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、半練り中華調味料小さじ1〜2、粗挽き黒こしょうを適宜。筆者は中華調味料に写真の香味ペーストを使いましたが、味覇(ウェイパー)などの他の調味料でもOKです。調味料によって味の濃さや味わいも変わってくるため、好みに合わせて量は調節してみてくださいね。


3 ) フライパンにごま油を熱し、スライス or すりおろしたにんにくを香りが出るまで炒めます。香りが立ってきたら5mm〜1cmほどの斜め切りにしたねぎを投入。中火で炒めます。


4 ) ねぎがしんなりしてきたら豚肉も合わせて炒めます。豚肉に火が通ったら、先ほどの合わせ調味料を加え、軽く炒めて火を止めます。


5 ) ご飯の上に味のりをちぎって乗せます。


6 ) その上に炒めた豚肉、生卵の黄身を乗せたら完成! たくあんを添えると再現度高め。

生卵ではなく、温泉卵や半熟卵でも良いそうです。また、お好みで七味唐辛子をかけるとピリ辛でおいしいそうですよ♪


いざ実食。ん〜ご飯が進む!! 中華調味料のしっかりしたお味と、焼いたねぎの香ばしさ、そしてジューシーな豚肉。がつんとにんにくが効いているのもGOOD。まさに「すた丼(=スタミナ丼)」! 生卵を混ぜると味わいがとってもマイルドになるのと、たくあんがさっぱりとしているので、味がくどすぎることもなく、どんどん箸が進んじゃいますよ。

大きめの丼でしたが、分量の半分をあっという間に完食! がっつり食べたい彼の胃袋もばっちり掴めそう☆ みなさんもぜひ、家ですた丼にチャレンジしてみてはいかが?

(伊東ししゃも+ノオト)