公式のAnTuTuスコア97058を超えられるか!?FREETELのフラッグシップスマホ「SAMURAI KIWAMI 2」の快適性をベンチマークと動画でチェック【レビュー】

SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI 2」を動画紹介とベンチマーク!

プラスワン・マーケティングが同社のSIMフリーブランド「FREETEL」におけるハイエンドなSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「FREETEL SAMURAI KIWAMI 極 2(以下、KIWAMI 2)」(型番:FTJ162B)が昨年12月22日に発売されました。価格はオープンながら希望小売価格が49,800円(税抜)。

前機種の「KIWAMI 極(以下、KIWAMI)」は6インチサイズでしたが、新たに5.7インチサイズと少し小さくなって扱いやすくなったほか、デザインも刷新されて昨夏に発売された「SAMURAI REI 麗(以下、REI)」とほぼ同じものとなりました。前回はその辺りのREIとの比較も含めた外観やプリインストールアプリなどを紹介しました。

そこで今回は少し間が空いてしまいましたが、REIとの動作の違いなどのムービーで紹介しつつ、デカコアCPUや4GB内蔵メモリー(RAM)などとKIWAMIよりもさらに高くなった性能についてベンチマークでチェックしていきたいと思います。

08

KIWAMI 2は、FREETELの公式Webサイトにおける製品情報でもベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」を用いたスコアが97058とアピールされるなど、高性能を売りとしています。

そもそもこの10万を超えていない数値を売りにできるのかという点、そして、購入した人などが試してみてもなかなかこの数値に届かないといった内容もSNSなどで見られます。

確かに「Xperia XZ」ではSnapdragon 821を搭載した機種ではスコアが低い傾向にあるものの余裕で10万を超えた13万超となっているほか、同じSnapdragon 821を搭載した「AXON 7」や「Galaxy S7 edge」などは14万前後、さらにOSが違う「iPhone 7 Plus」では18万超となっています。

一方、ひとつランクを落としたSnapdragon 6**を搭載した「ZenFone 3」や「ZenFone 3 Ultra」などは5〜8万程度となっており、それらよりは上、Snapdragon 8**を搭載した最新機種よりは下という位置付けということでチップセットがQualcomm製ではないことを含めてそれなりに評価できる数値ではないかと思われます。

実際のAnTuTu Benchmarkのスコアについては測定して確かめてみたいところ。その前にざっくりとスペックをおさらいしておくと、チップセットのMediaTek製「Helio X20(MT6797)」は、CPUが最大2.3GHzの「ARM Cortex-A72」コアを2個、最大1.85GHzの「ARM Cortex-A53」コアを4個、最大1.4GHzの「ARM Cortex-A53」コアを4個と合計10個の"デカコア"となっており、GPUが「ARM Mali-T880 MP4」で最大780MHzのコアを4個搭載しています。

また、RAMは4GB LPDDR3、ディスプレイの解像度はWQHD(1440×2560ドット)となっています。なお、OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用しています。

02 03
各種情報を取得するアプリ「CPU-Z」ではディスプレイサイズなどの情報が一部きちんと認識できていない模様

続いて、ベンチマークに移りますが、筆者の通例通りに「AnTuTu Benchmark」および「Geeksbench 4」、「3D Mark(Ice Storm Unlimited」、「Quadrant Standard Edtion」を実施しました。

【FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のAnTuTu Benchmark】

04


【FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のGeeksbench 4】

05


【FREETEL SAMURAI KIWAMI 2の3D Mark】

06


【FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のQuadrant Standard Edtion】

07

結果をまとめると以下の通り。AnTuTu Benchmarkについては公式には届かなかったものの、最高94320ともう一歩といったところ。起動してから3回だけ測定したのみなので、さらにしつこく何度も測定していけばもう少し良い結果も出るかもしれないとすれば、公式のスコアに届く可能性もなくはなさそうです。

アプリ1回目2回目3回目平均
AnTuTu87850932709432091813
Geeksbench 4シングルコア1710170217061706
マルチコア4694477541504540
3D Mark17093172321708017135
Quadrant49527516295020650454

またAnTuTu Benchmarkの中身を見てみると、CPUはむしろSnapdragon 821よりも高く、UXやRAMもそれほど違いない代わりに3Dグラフィックスについてはかなり低い数値となっています。これは他のベンチマークアプリでも同様の結果で、CPUを測るGeeksbench 4ではKIWAMI 2は高いスコアながら、GPUを測る3D Markでは劣る結果に。

むしろWQHDと高解像度なのも影響してか、3D MarkのスコアはSnapdragon 6**に近いものになっており、3D系のグラフィックスを使ったゲームなどをメインに使いたい場合にはあまりオススメできないでしょう。

逆に普通の操作やSNSくらいならSnapdragon 6**やさらに下のSnapdragon 4**を搭載した機種でも十分に動くので、どうしてもWQHDの解像度が欲しいということでなければ価格も含めて立ち位置的には難しいところとなっています。

【FREETEL SAMURAI KIWAMI 2を操作しているムービー】

最後に基本操作をしているところを動画で紹介しておきます。ホーム画面や設定、通知などの切り替え、アプリ起動などはもちろん普通に使えます。独自ユーザーインターフェース「FREETEL UI」もバージョン2.0になり、快適性が高いことでREIよりもかなり使いやすい印象さえ受けます。

個人的にはmicroSDカードスロットがない点なども選びにくい機種なのかなと思えますが、3Gと4GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)を利用するなら他の多くの対応製品もmicroSDカードた使えない共有スロットとなっているため、はじめからmicroSDカードスロットがなくとも良いのかもしれません。その分、内蔵ストレージが64GBと比較的多めとなっていますし。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 関連記事一覧 - S-MAX