2017年8月4日(金)に公開される映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」に登場する虹村兄弟、億泰と形兆の姿が解禁となりました。形兆を演じるのは岡田将生さん、億泰を演じるのは真剣佑さん。主人公・仗助の前に立ちはだかる強敵であり、キーキャラクターでもあります。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

https://jojo-movie.jp

兄・虹村形兆。演じる岡田将生さんは「冷酷な部分もあるけれど、信念のある役」「衣装とヘアスタイルが本当に素敵。毎日準備していく中で形兆になっていける。強味になっている」と語っています。ちなみに、ジョジョと同じく漫画原作の実写映画である「銀魂」にも桂小太郎役で出演します。



弟・虹村億泰。2016年9月に行われたプロジェクト発表記者会見では「億泰は兄の形兆のことをものすごく愛している役。ちょっと抜けているところもあるので、憎めない億泰を演じたい」と意気込んだ真剣佑さんは、役作りのためにサイドの髪を銀色に染め、剃り込みを入れた上に、眉毛まで剃ったとのこと。「億泰を演じるうえで試行錯誤を繰り返しましたが、作り込んで行く中で近付いていけたと思います」と、自身の役作りを語りました。



ちなみに、すでにメインキャラクターとして3名のビジュアルが公開済み。

主人公の東方仗助を演じるのは山賢人さん。「仗助自身髪型と服装にすごくこだわりを持っているので、この髪型をセットして衣装を着ると、仗助として気合が入る。仗助を演じるのに見た目から入るというのはかなり重要なことでした。そしてこの髪型と衣装はシッチェスの街にものすごく馴染み杜王町そのものだと思いました」



そして、仗助の同級生・広瀬康一役は神木隆之介さん。



康一に熱い思いを寄せる山岸由花子役は小松菜奈さん。



このほか、キャスト陣は空条承太郎役が伊勢谷友介さん、仗助の母・東方朋子役が観月ありささん、仗助の祖父・東方良平役が國村隼さん、殺人犯・片桐安十郎役が山田孝之さんと、名だたる俳優の名前が揃っています。

「ジョジョの奇妙な冒険」の原作は週刊少年ジャンプに連載された人気マンガで、ウルトラジャンプに移籍後、現在は「ジョジョリオン」(Part8)の連載が続いています。アニメ化は何度か行われていて、そのうち2012年から放送されたテレビアニメは第一部「ファントム・ブラッド」、第二部「戦闘潮流」、第三部「スターダストクルセイダース」と順番に制作・放送を行い、2016年4月から12月にかけて第四部「ダイヤモンドは砕けない」の放送が行われました。

実写映画版は多作で知られる三池崇史監督の手による映像化。「第一章」という名前が付いていますが、あくまで1本の映画として楽しめる作品になっているとのこと。ただ、シリーズ化を見据えた制作体制を取っているとのことなので、うまくいけばシリーズの人気キャラクターである岸辺露伴、さらに吉良吉影の姿を見られるかもしれません。

©2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会

©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社