イラク・バーゼルキャンプの子供たち


 JBpressで連載を始めることにした。これから毎週水曜日、ヌーベルバーグ「新しい波」というコラムを書いていきたい。

 1960年前後、ジャン・リュック・ゴダールやフランソワ・トリフォー、アラン・レネなど若い映画監督が新感覚の映画を撮り始めた。同じ頃、英国ではアングリーヤングマン、怒れる若者たちと呼ばれる芸術運動が起きた。

 一方、私も社会に新しい波を起こしたいと思って、2つのNGOと1つの研究所を作っている。25年前に日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)、12年前に日本イラクメディカル・ネット(JIM-NET)を作った。

イラク難民キャンプでの支援活動にて

 2015年、地域包括ケア・システムを2025年までに日本中に作るように日本政府はメッセージを出した。実は30年前から、僕は地域包括ケアづくりをしていたので、そこには仲間がたくさんいる。

 そこで、月に1〜2回、鎌田がこの原稿を書き、鎌田の周りで面白いNGO的活動をしている若者が、交代でこの連載を協力・分担して、ヌーベルバーグ「新しい波」を書いていく。

チェルノブイリ原発にて


 人生は面白いはずなのに、生きるのは難しい。どうしたら生きるのが楽しくなるのかいつも考えてきた。

 僕はいま68歳。以前から壁にぶつかっていた。傍から見ると屈託なく自由に生きているように見えかもしれない。だが、これまでの自分は本当に自分らしく自由に生きてきたのかと悩んでいた。

 子供の頃は親や周囲の大人の期待に応えて、「いい子」を演じてきたのではないか。医師になってからも、地域の人や患者さんや同僚のために「いいカマタ」を演じて、無意識のうちに自分を殺してきたのではないか・・・。

イラク難民キャンプの支援活動


 ここ数年、そんな悩みがしこりのように心の奥に生まれていた。そこに、一筋の光のように、「遊行」(ゆぎょう)という言葉が浮かんできた。

 生きるのがぐっと楽になった。

 古代インドの聖人は、人生を4つの時期に区切った。四住期(しじゅうき)と言われている。

2011年3月、東日本大震災の被災地にて


 「学生期」(がくしょうき)は、生まれてきた命が学び、成長する時期のことを言う。

 「家住期」(かじゅうき)は人間として成熟していく時期。家族をつくったり、家をつくったり、人によっては会社を起業したりして、いちばん汗をかくときでもある。

 「林住期」(りんじゅうき)は、仕事が終わった後、林に隠棲しながら、生きるとは何か、人間とは何かと思索を深める。

 そして、「遊行期」(ゆぎょうき)は、人生の締めくくりの時期と言われている。人によっては解脱(げだつ)、煩悩から自由になることを目標にする時期だという。

 でも、僕は文字通り「遊び、行く」時期だと捉えた。この時期こそ自分の好きな仕事ややりたいことをする。自分自身を先鋭化する時期である。

 解脱なんか考えずに、自分というエッセンスを抽出する、「何でもあり」のまさに人生の総仕上げである。

 歴史学者のヨハン・ホイジンガーは「ホモ・サピエンス」を文字って、「ホモ・ルーデンス」と言った。遊ぶ人という意味である。僕たちは遊ぶ生き物なのだ。

 遊ぶ人、つまり遊行の人として僕が連想するのは、寅さんだ。寅さんが国民的に愛されてきたのは、遊行の人だったからではないか。

 自由律俳句の種田山頭火も、そうだと思う。

「また一枚 脱ぎ捨てる 旅から旅」

 大好きな句だ。

「バカになれ!」

「遊行を生きる」(鎌田實著、2017年1月清流出版、税抜1000円)


 山頭火は旅をしながら、何を脱ぎ捨てていったのだろうか。しがらみかもしれない。執着かもしれない。捨てていい執着は捨て、捨ててはいけない執着をエネルギーにして、彼は自由を目指した。

 今なら何だろう。「欲望」か。「暴力」か。

 どちらも脱ぎ捨てるのが難しい。「人を幸せにする資本主義」にするためには、どんな脱ぎ方をしたらいいのだろう。

 スティーブ・ジョブスが米アップルを解雇されたとき、「私は解放された」と言った。このとき彼が、自分が作った会社なのに、なんで俺を解任にするんだと愚痴を言っていたら、彼の次の成功はなかっただろう。

 会社を辞めて自由になったと思えたから、ピクサーという会社を立ち上げ「トイ・ストーリー」の大ヒットを飛ばすのだ。こういう1つの言葉が人生を変えるのだ。

 窓際の仕事に配置転換された時、「自由になった」と言い放って本気で会社を変えるような仕事をし出したら面白いと思う。

 彼は「ステイ・フーリッシュ(ばかになれ)」とも言っている。これは、遊行の精神に通じる。あえて利口にならず、自分のしたいことに邁進するのは、けっこう難業だ。

 先月、僕は『遊行を生きる』(清流出版)という本を上梓した。

 10年ほど前、「林住期」という言葉が流行った。今よりやや経済が良くて、社会が浮ついている時、林に入って静かに人生のことを考えてみないかというメッセージだった。

 でも、今の時代、そんなことを要求されているだろうか。そんな内向きなことでいいのだろうか。

 英国がEUから離脱し、ヨーロッパのいくつかの国では、自分たちの国さえ良ければと主張する保守政党が票を集め出した。米国ではアメリカ第一主義を唱えるドナルド・トランプ氏が大統領になった。

 ロシアや中国はもともと自分たちの国のことしか考えていない。

 だから、日本も自分のことだけ考えていればいい、とは言えないだろう。貿易立国の日本が内向きになったら、世界の中で生きていけない。

 国民一人ひとりに内向き志向が蔓延すれば、経済はますます悪化していく。経済が悪くなると内向きになる。するとますます経済が悪くなる。脱出口を探して戦争を起こす。

内向きになって良いことはない

ロジャワ病院にて、ISのスナイパーに撃たれた青年


 2017年の今、結構危ない状況だと思う。内向きになって良いことなんかないのだ。

 今は、内に閉じこもる「林住期の時代」ではなく、自由に、外に向かってはじける「遊行の時代」なのだと思う。これが『遊行を生きる』を書いた理由だ。

 では、「遊行を生きる」とは何か。ある程度の年齢に達しないと、遊行を生きられないのだろうか。僕は、生まれてから死ぬまで、遊行が大事だと思っている。

 「学生期」でも、「家住期」でも、「林住期」においても、「遊行」を意識することで、もっと自由に、大胆に生きることができるのではないか。

 若くして起業してビジネスに成功している人たちは、皆「遊行」のテイストを持っているように思う。

 人生は、面白く生きた者の勝ち。手遅れなんてない。僕たちは遊ぶために生まれてきたのだ。2017年は遊行の時代だ。

 2016年のクリスマスの時期から年末までイラクに行ってきた。

 「人間のすることじゃない!」

 イラクのアルビルにあるロジャワ病院で、中年女性が泣き叫んでいた。過激派組織IS(イスラム国)のロケット弾に巻き込まれ、夫と3人の息子が命を落とした。1人生き残った14歳の息子は、生死を彷徨っていた。

 昨年末、イラクの病気の子供たちの支援のため、アルビルを訪ねた。このロジャワ病院は、僕が代表をしているNPO日本チェルノブイリ連帯基金が支援している。

 ISからの奪還攻撃が行われているモスルからほど近いため、ひっきりなしに負傷者が搬送されてくる。

 「人間のすることじゃない」と泣き叫ぶ女性の家族も、僕が訪ねた前日、モスルで被害を受けた。

 モスル奪還作戦が始まって3か月、イラクは緊迫した状態が続いている。モスルからの避難民が、クルド自治区で比較的治安の良いアルビルなどに押し寄せている。

 特に、モスルからの小児がんや白血病の子供たちが集中した病院では、薬やベッドが足りない状況になっている。

日本の支援で医師になれたイラク女性

 昨年10月に開設されたばかりのハーゼルキャンプには、モスルから頻繁に救急車が到着している。キャンプで健康状態をチェックし、問題がなければそのままキャンプで生活することになる。

医師の卵サマーフと


 いつになったら、イラクの混乱は収まるのだろうか。

 絶望の中で、希望がないわけではない。ヤジディ教徒であるためISから迫害を受け、モスル大学の医学部に通えなくなっていたサマーフが、僕たちの支援で別の大学の医学部を卒業することができた。

 僕たちはアルビル市内にある難民キャンプで、卒業祝いの食事をすることになった。さあ、食べようというところで、いつものことだが停電になり、ランプを灯しての食事会となった。温かい食卓。外の戦乱の世界が嘘であってほしいと願うが、まぎれもなく現実である。

 彼女の実家は、モスル郊外のバシーカという地域にある。ISから解放されてはいるが、仕かけ爆弾があり、まだ安心して帰れる状況ではない。ISの根城になっているモスルの西側からロケット弾も飛んで来る。

 彼女はこう言った。

 「とにかく今は生き抜くこと。私はあなたがた日本人のおかげで医者になれた。なかなか希望を持てない状況だが、それでも希望は持ち続けたい」

 今後は、小児白血病の専門医を目指し、恵まれない子供を助けたいと言う。明るい希望を語る若者がいることは、この国の救いだ。2人で「聴診器でテロと戦おう」と握手した。

 暴力に暴力で対抗するだけでは埒が明かない。暴力に「愛」で戦うとか、ヌーベルバーグが必要なのだと思う。

筆者:鎌田 實