「首相官邸 HP」より

写真拡大

 11日(日本時間)に行われた日米首脳会談について、わが国では概ね好意的な受け止め方がされている。なかには「100点満点だった」と高く評価する外務省OBもいるほどだ。確かに、日米安保条約の意義を再確認し、「尖閣諸島も条約の範囲だ」とトランプ大統領から言質を取ったことは、海洋進出を加速する中国をけん制する上で有意義だったといえる。要は、中国が攻め込んできた場合にはアメリカ軍が出動し、日本と共に戦う、という約束を得たわけだ。

 しかし、大事なことは、トランプ氏が発言したように、「日本、中国、アメリカの3カ国にプラスになるような関係を構築すること」ではなかろうか。その点、トランプ大統領は安倍総理を迎える直前に、中国の習近平国家主席と長時間に及ぶ電話会談をこなし、中国の主張する「ひとつの中国」を尊重すると述べ、台湾の蔡英文総統からの電話に応じたことで、ぎくしゃくしていた米中関係の改善に一歩踏み出している。

 米中の首脳は近く直接会談することでも合意した。日本と中国を両天秤にかける、巧みな外交といえよう。中国からは「トランプ大統領の発言を敬意を持って受け止める」との反応を引き出し、米中関係の改善に布石を打ったかたちである。

 本来であれば、安倍総理はトランプ大統領の懸念材料である、貿易赤字の原因である中国と日本との通商貿易問題や為替政策について突っ込んだ話し合いをすべきであった。ところが、こうした機微に及ぶテーマはすべて先送りし、ペンス副大統領と麻生副総理兼財務大臣との間で協議することに止めただけである。TPP(環太平洋経済連携協定)をはじめ、通商や為替など難しい課題には極力触れず、4回の食事と2回のゴルフで親交を深めることに精力を傾けたというわけだ。これで「100点満点」といえるのだろうか。

●歴史的な長時間の握手

 大統領選挙期間中、トランプ氏は事あるごとに、「駐留米軍の経費負担が少ない」とか「トヨタ自動車がアメリカで売れているのに、アメリカ車が日本で売れないのは不公平だ」といった日本批判を繰り返していた。そのため、日本政府はトランプ大統領からどのような無理難題が突き付けられるか気をもんでいたが、そうした懸念は表向き杞憂で終わった。

 もちろん、万が一に備え、安倍総理は日本企業がアメリカで4000億ドルの投資を重ねてきており、170万人のアメリカ人に雇用の場を提供しているとの説明を用意していた。また、在日米軍への「思いやり予算」も83億ドルに達することを裏付ける資料を準備していた。ところが、トランプ氏が一貫して上機嫌であり、こうした説明は不要になったようだ。

 さらに意外だったのは、握手嫌いのトランプ氏が安倍総理と19秒間も握手したこと。その際、安倍総理が見せた、驚いたような怪訝な表情がアメリカではインターネット上で拡散したものだ。確かに、以前からトランプ氏は「握手は病原菌がうつるきっかけになる。だから握手は嫌いだ。日本人のようにお辞儀を交わすほうが賢いやり方だと思う。アメリカ人は日本人からお辞儀の文化を学ぶべきだ」と語っていた。

 それが歴史的な長時間の握手とは。どうやら、それまでメキシコ、オーストラリア、ドイツの指導者たちと電話でケンカばかりしてきたため、自分のことを「最高のビジネスマン」と持ち上げてくれる安倍総理の訪問がうれしくてしようがない、といったところだったに違いない。

●ゴルフ外交

 とはいえ、熱い握手やハグを求められて、安倍総理も終始ご機嫌であった。なにしろ、昨年11月には当選直後のトランプ氏をニューヨークの住まいであるトランプタワーに世界の指導者としては最初に訪ねたほど。そして今回、ワシントンのホワイトハウスを公式訪問し、その足でフロリダのトランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」に滞在。トランプ氏の住まい3カ所を訪ねた記録保持者になったわけだ。しかも、トランプ氏の所有するゴルフクラブ2カ所でプレー。スコアは公表されていないが、「上出来だった」と満面の笑みを浮かべていた。

 トランプ氏のゴルフ好きは有名だ。同氏のベストセラー『敗者復活』に述べられている彼の「成功10か条」の第1に挙げられているのは「ゴルフ」にほかならない。曰く、「ゴルフを通じて心身ともにリラックスできる。そしてビジネス相手の性格を判断するには最高の場となる。食事を共にするより、ゴルフをすることで分かることが多い」。

 安倍総理はホワイトハウスの記者会見で「自分のゴルフの腕前はトランプ氏にはとても及ばない」と謙遜していたが、フロリダのゴルフ外交でどこまで本音で相手に迫ったのであろうか。最初はプロゴルファーを入れてのプレーだったが、場所を変えての2回目のプレーは通訳を伴っていたものの、まさに2人っきり。誰も聞き耳を立てていない場所での5時間。どんな話題が俎上に上ったのか。

●トランプ氏のウハウハ

 思い起こせば、安倍総理の祖父にあたる岸信介総理がアイゼンハワー大統領とゴルフに興じたことがあった。当時は戦後の復興にアメリカの支援を確実にする意味合いを込めたプレーであった。今回は日本がアメリカのインフラ整備に協力する立場にある。そこで安倍総理はトランプ大統領に日本の新幹線技術を導入すれば、「ホワイトハウスのあるワシントンとトランプタワーのあるニューヨークが1時間でつながる」と、熱心にアピールした。この分野に関して、日本は4500億ドルの新たな対米投資を検討していることも水面下で伝えられた。

 互いに相性が合ったようで、両首脳とも「日米関係をこれまで以上に発展させる」と蜜月ぶりを世界に訴えたものだ。とはいえ、不可思議だったのは、その間、メディアの取材を一切遮断したことだ。過去、アメリカの大統領が外国の賓客とゴルフを楽しむことはよくあったこと。

 オバマ前大統領もゴルフ好きでよく知られていた。プレー中は別にして、プレーの前後は同行記者団にもオープンされ、記者からの質問にも応じることが慣習になっていた。しかし今回、同行記者団はクラブの地下の会議室にカンヅメにされ、すべての窓には覆いがかぶされていた。外の様子が一切見えないように細工が施してあったという。記者からはブーイングが上がったが、なす術はなし。しかも、食べ物も提供されないままだった。

 もちろん、「冬のホワイトハウス」と異名をとる別荘に泊まれたのは安倍総理夫妻のみで、その他は少し離れたマリオットホテル泊。「本日、記者会見はもうありません」とアナウンスがあったため、記者団はマリオットに移動し、ようやく食事にありついた。

 ところが突然、緊急記者会見の通告が。北朝鮮によるミサイル発射を受けてのこと。記者団が駆けつけると安倍総理の「断固容認できない」との発言。続いて、トランプ大統領による「100%日本を支持する」とのコメント。合わせてわずか3分ほど。記者からの質問には一切応じないまま、両首脳は別荘に引っ込んでしまった。

 実は、別荘では個人の結婚披露宴が開催中で、賑やかな音楽が流れていた。北朝鮮のミサイル発射への対応より、自分の別荘での結婚披露宴というビジネスを優先するトランプ氏ならではの「冬のホワイトハウス」利用法であった。安倍総理夫妻の宿泊費とゴルフのプレー代はトランプ氏の個人持ち。「公費は一切使っていない」とのアピールだが、会員制別荘の入会金はすでに倍に値上がり。利用料金もうなぎ上りでトランプ氏はウハウハだ。

●昭恵夫人のカン

 それやこれやで、アメリカのメディアは今回の日米首脳会談には冷めた反応しか見せていない。それどころか、週末には民主党のサンダース上院議員の発言が大きな波紋を呼んでいた。曰く「トランプ大統領は病的なウソつきだ」。「アメリカ国民の恐怖心をあおる戦略で選挙を勝った」との見方もあるトランプ氏だが、若者の間ではヒラリー・クリントン候補より人気の高かったサンダース氏から飛び出た発言で、安倍・トランプ会談中もアメリカは大騒ぎだった。

 というのも、安倍総理の訪米中もトランプ大統領が得意のツイートで「テロのおそれを封じるために移民や難民の入国禁止は必要だ」「一部の地方裁判所によるイスラム教国からの入国禁止令の撤回判断は間違っている」「先の大統領選挙では500万人の不正投票があった」という相変わらずの過激発言を繰り返していたからだ。こうした異常とも思われる発言について、懸念が共和党の議員の間でも広がりつつあるようだ。

 安倍総理はトランプ氏に大いに気に入られたようだが、トランプ氏の実像をどこまで把握できたのであろうか。また、同行した昭恵夫人はファーストレディのメラニアさんからは袖にされたようで、不満げであった。これまでワシントンを訪問するたびに、オバマ大統領のミシェル夫人やブッシュ大統領のローラ夫人と共に「レディーズ・プログラム」を楽しんできた昭恵夫人。

 今回、ワシントンではそうした交流はなく、終始、駐米大使の佐々江夫人が同行役を買って出ていた。ホワイトハウスの発表では「昭恵夫人は自前の予定があり、ワシントンではメラニア夫人と行動を共にできないとのこと」。これを見る限り、夫人同士は余りウマが合わないようだ。フロリダでは一緒に日本庭園で鯉に餌を与える場面が演出されていたが、はた目にも距離感が感じられた。「女のカンは鋭い」というが、昭恵夫人はどうやらトランプ夫妻を全身で受け止めるのは時期尚早と感じているのかもしれない。
(文=浜田和幸/国際政治経済学者)