東京・吉原のソープ街(「Wikipedia」より)

写真拡大

「男一度は伊勢と吉原」

――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。

 時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。

 たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。これは、数年前から医療関係者の間を中心に流れているという。

「梅毒感染が判明するということは、店側がきちんと検査をさせているという証拠です。確かに、吉原の感染者はかなり増加していますが、風俗業界には検査を受けさせていない店も多く、そちらのほうが危険です」

 風俗業界の医療に詳しい川崎みな子医師(仮名)は、こう話す。また、風俗街や繁華街には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた「浄化」の問題もあるようだ。

「『オリンピックに向けて、梅毒患者がウヨウヨしている、いかがわしい場所を一掃しよう』という国の意思を感じますね。前回(1964年)の東京五輪の際は、頂上作戦としてヤクザが排除され、70年の大阪万博では大阪のソープがかなり摘発されるなど、国際イベントの際はそうした対策がなされてきました。小池百合子都知事は公共空間の禁煙化も進めるようですし、吉原だけでなく首都圏の風俗業者は戦々恐々だと聞いています」(川崎医師)

 過去の例からしても、吉原や歌舞伎町の「浄化」は、あり得ない話ではなさそうだ。

●死の危険もある梅毒、20代女性に急増

 梅毒感染だが、実はセックスワーカーだけでなく国内全体で増加傾向にある。国立感染症研究所によると、2016年に報告された梅毒感染者は4518人で、1974年以来42年ぶりに年間4000人を突破した。感染者のうち約3割が女性で、特に20代の増加が顕著だという。

 梅毒は、主に性行為によって体内に細菌(梅毒トレポネーマ)が侵入することで発症する。かつては、梅毒トレポネーマが脳に入って精神を病む例も珍しくなかったが、現代では治療薬も普及しており、「死に至る病」とはいえなくなった。しかし、放置すれば生命の危険を伴うこともあるという。

 川崎医師は、「梅毒を甘く見てはダメです。死亡のリスクもゼロではありません」と強調する。

「進行すれば、複数の臓器に病変が起こります。また、エイズなどとの合併症は病気の進行を早めますし、妊婦から赤ちゃんに感染すると死産や奇形のリスクが高まります」(同)

 では、なぜ今梅毒が増えているのだろうか。

「梅毒だけではなく、エイズや淋病、クラミジアなど性感染症が全体的に増加傾向にあります。いずれも、治療薬の開発によって危機感が薄れてきたこと、勃起治療薬の普及で性感染症に対する意識の低いシニア層が安い風俗店で遊ぶようになったこと、などが原因と考えられています。また、感染症の検査を徹底していない風俗業者もあるため、問題は深刻です」(同)

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)は、営業時間や未成年者の労働の規制などに関する規定が中心で、衛生管理については規定していない。性病の検査は、業者の判断で行われているのが実情だ。

「大手の業者は、検査にもそれなりにお金をかけていますが、激安店などは事実上放置しています。働く側も、病気が見つかれば休業を余儀なくされて収入が減ってしまうので、検査をしたくないのが本音です」(同)

 では、性病の感染を防ぐ方法はあるのだろうか。

「性感染症は粘膜から感染するため、コンドームだけでは防げません。キスでもうつることはありますし、オーラルセックスのときにコンドームを使う人は少ないでしょう。身に覚えのある方は、定期的に検査をすること、あまり安いお店を選ばないことを勧めます」(同)

●風俗業界は若者客が激減、中高年や外国人頼みに

 また、吉原をはじめとする風俗業界は客層の変化も著しい。

「最近は、本当に若いお客様が減りましたね」

 ある高級風俗店のマネージャーは、こうため息をつく。

「非正規雇用が増えてお金がないこともあるのでしょうが、草食化といいますか、ずいぶんおとなしい印象です。周辺を歩いて写真だけ撮ってお帰りになる若い男性のグループも目立ちます。かつてのように先輩が後輩を連れてきて、『筆おろし』をさせてやるということもなくなりました。インターネットでは多くの無料動画も配信されていますから、さらに足が遠のくのではないでしょうか」(風俗店マネージャー)

 これに対して、お金に余裕のある中高年層が吉原などの高級店に通う姿は、しばしば見受けられる。

「裕福なシニアのお客様が中心なので、吉原には介護の資格を持つスタッフも増えています。また、外国のお客様も多いですね。英語や中国語、ハングル文字の料金表をつくったり、英会話を勉強したりするスタッフもいます。中国人の“爆買い”のような来店は減りましたが、若いお客様が減った分、なんとかインバウンド(訪日外国人観光客)で補填できているところです。外国の方にも『日本のソープ嬢はレベルが高い』と評判なのですが、政府は風俗街を『犯罪の温床』と見ているようで、不安もありますね」(同)

 ハリウッドスターもお忍びで訪れるという「YOSHIWARA」を楽しみにしている外国人観光客は多いが、五輪を前に「浄化」されてしまうのだろうか。

●うつ病、親バレ…ホスト漬けで逃亡のソープ嬢も

 また、吉原でソープ嬢として働くには、容姿や接客にかなりのレベルが要求されることから、ストレスも相当なものだと聞く。

「うつ病になったり、ホストやギャンブルにお金をつぎ込んだりした挙げ句に飛んでしまう(逃亡する)女の子も多いですね。無断欠勤が続いて、連絡が取れなくなってしまうんです。また、親バレや友達、学校バレで辞める女の子もいます。今は医学部や法学部などの現役女子大生が、学費を捻出するために働くことも珍しくないのです」と川崎医師。

 一方で、ソープ嬢の高齢化も進んでいる。

「経済的な理由で、年齢が高くなっても辞められない方は多いですね。ピル(経口避妊薬)の長期服用でホルモンバランスを崩したりしながらも働かざるを得ないことも多いです。体力と気力が必要な仕事ですから、大変だと思います」(川崎医師)

 映画などで描かれてきた吉原は豪華絢爛なイメージだが、21世紀の吉原は少子高齢化や景気低迷、さらには政府の方針によって揺れ続けているようだ。
(文=平岡令/ジャーナリスト)