「多賀城市立図書館 HP」より

写真拡大

 本連載前回記事において、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が昨年3月から運営している宮城県・多賀城市立図書館が、新装開館に合わせて購入した選書に不自然な点があることを報告した。新刊として選書しているにもかかわらず、発刊から10年以上経過したような古い本が大量に入っているのだ。そこで、専門家に選書リストを分析してもらったので、今回はその分析内容を紹介したい。

 CCCは新装開館までに11回にわたって選書を行っている。第7回までは特段不自然さはないが、第8回以降の新刊選書リストを見ると、極端に刊行年の古い本が大量に選書されていた。

 ツタヤ図書館問題にも詳しい書店関係者は、新刊の選書リストを見て、第8回リストには「ISBNが13ケタのものと、10ケタのものが混在している」と指摘する。

 ISBNとは、図書を特定するために設けられた世界標準の商品コードだ。すべての書店販売書籍には、必ず1冊ごとにこのコードがひとつずつ付与されている。

「ISBNは、2006年までは10ケタでしたが、07年から13ケタに変更になりました。そのため、新刊を購入するのであれば、リストはすべて13ケタになるはずです」(書店関係者)

 この選書リストでは、通常あるべき価格欄はないが、ISBNの欄は設けられていた。新刊のみを選書した第5〜7回のリストを見てみると、ISBNはほぼ13ケタのコードで統一されている。つまり、不自然なところはない。それぞれの本の出版年も、ほとんど2年以内だ。

 ところが、第8回リストは様相が一変している。冒頭の3冊こそ13ケタのISBNが記載されているが、その後は10ケタが続く。

 前出の書店関係者は、「新刊リスト中に、中古本が多数混入しているのではないか」と分析する。もし、そうだとすれば重大な問題だ。

 中古本を購入すること自体は、多賀城市教育委員会が正式に承認しているため、問題ではない。本連載過去記事において、極端に市場価値の低い古い本を高値で購入していると報じたが、「不適切」ではあるが「違法」ではないといえる。

 ところが、「新刊」と明記し、新刊の価格で購入した本のなかに中古本が混入させる「偽装」が行われているのであれば、それは由々しき事態だ。

●中古や新古書が混入か

 さらに調べていくと、意外な事実が次々と判明した。

 13ケタと10ケタのISBNの大きな違いは、第一に、アタマから3ケタに「978」がついているかどうか。「978」は「出版物」を意味するもので、省略して10ケタとして取り扱っている可能性もある。

 そこで、ISBNの末尾に「X」があるかどうかの調査を行った。ISBNの末尾は、「チェックデジット」と呼ばれる検算数字となっている。特定の計算式によって計算した結果を表しており、07年以降の13ケタとそれ以前の10ケタとでは、末尾の数字も変わってくるのだ。

 この検算数字が「10」となる時に表示されるのが「X=テン」だ。だが、07年以降は「X」表記が完全に廃止されたため、末尾に「X」のISBNが付いている本は、06年以前に刊行された書籍だけなのだ。

 つまり、新刊として購入する選書リストのなかに、末尾「X」のISBNが付く書籍は、あってはならない。

 ところが、調べてみると新刊選書リストのなかに末尾「X」のISBNがあったのだ。そのほとんどは、やはり第8回リスト中に存在していた。

 前出の書店関係者によると、「(初版が06年以前でも)07年以降に増刷した本であれば、13ケタに打ち直して納品されているはず」ということで、旧ISBNは06年以前の本であることを証明している。

 つまり、この選書リストには、中古または新古書が混ざっている疑いがある。

 次に、筆者はいくつかの出版社に、以下の2点について質問をした。

・旧ISBNのまま正規の取次ルートに本が流れることはあるのか
・また、古い本を出荷するときに、新しいISBNに変換して出荷するのか

 その結果、旧ISBNの本が流通することは「ごくまれにある」という。また、新ISBNへの変換については「何もせずにそのまま出荷する」と明確に回答する出版社もあった。

「うちの場合、創業当時に有名なエッセイストの本を出しており、20年以上前のその在庫をいまだに出荷することが、ごくまれにですがあります。ISBNは、増刷したタイミングで変更することはありますが、それ以外はカバーも変えずに、そのまま出しています」(某出版社営業担当)

 つまり、06年以前に刊行された図書が、古いISBNのまま流通することはあり得る。だが、これはあくまで例外であり、古いISBNのままの本が大量に流通することは、レアケースだ。

●最新の本にも10ケタのISBN

 さらに、第8回選書リストのなかに非常に奇妙な特徴を新たに発見した。

 それは、07年以降に刊行されている書籍に、旧ISBNが記載されている本が少なからず存在していたのだ。下の表は、第8回リスト中にみつかった旧ISBNで、末尾「X」となっているタイトルを抽出したものだ。

 この表を見ると、07年以降に刊行された本が含まれている。当然、書籍に付されているISBNは13ケタなので、これは「幻のコード」といっていい。

 出版関係者は、次のように解説する。

「多くの中古本を扱う事業者の場合、販売サイトには、すべての在庫に13ケタと10ケタのISBNを併記しています。そうしないと、古い本を探せなくなってしまうからです。一般の新刊書店の流通と異なるのは、07年以降の本でも、本体には印刷されていない10ケタのチェックデジットも計算して末尾に表示してある点です」

 たとえば、新刊と中古を同じページで販売しているAmazon.co.jp(アマゾン)で本を検索してみると、13ケタと10ケタのISBNが併記されている。

「アマゾンの場合は、自社販売商品すべてのジャンルにふられている独自コード『ASIN』が10ケタです。そのため、それと統一するために、書籍の場合は新しい商品にも、わざと古いISBNをつけて、より商品を探しやすくしているのです」(前出・出版関係者)

 アマゾンでは、中古事業者が個々の商品ページに登録して、自社商品を販売させる出店システム(マーケットプレイス)が用意されている。当然、そこに出店する事業者は、アマゾンのコードに対応したデータベースにするのだが、旧コードは版元が自ら登録するという。

 ある老舗出版社の営業担当者は、こう明かす。

「新刊を出したとき、アマゾンにうちから直接新刊の写真をアップするのですが、そのときに旧ISBNの登録を求められます。いまや10ケタを扱うのは、そのときくらいです」

 このように、アマゾンが旧ISBNを自社の標準コードとして採用しているように、ほかにも旧ISBNを使い続けている中古事業者がいる可能性はある。

 つまり、新しい商品にわざわざ古いISBNをつけているということは、ツタヤ図書館の選書に中古事業者がなんらかのかたちで関与している可能性が高いといえる。次回以降、疑惑をさらに追及し、CCCや関連業者にも直撃した内容を紹介したい。
(文=日向咲嗣/ジャーナリスト)