新興宗教もからんでいることから、さまざまな憶測が乱れ飛んでいるが、本人のツイートを見れば、電通女子社員の自殺と同じ構図が透けて見える(写真はイメージです)

写真拡大

若手で最も勢いのある女優の
突然の引退劇

 2011年当時、まだ幼かった筆者の娘が、初めて夢中になって観たヒーローもののTV番組が『仮面ライダーフォーゼ』だった。筆者も付き合って観ていたが、大人の目から見て、断然目を引いたのが、主人公の福士蒼汰と、ヒロインだった清水富美加だった。

 彼女は、演技力と存在感と愛嬌を併せ持っており、印象深かった。その後、NHKの朝の連続ドラマでブレイクし、さまざまなドラマや映画に出て、彼女はどんどん「売れっ子」になっていった。ネットや雑誌で見かけることが多くなり、筆者も家族と「あの、フォーゼに出てた子も人気でたねー」などと話していた。

 そんな、若手で最も勢いのある女優の1人である彼女が、先日、突然芸能界を引退し、幸福の科学に出家するというニュースを聞いたときには、それほど熱心なファンではない筆者もかなり驚いた。

 その後、幸福の科学側から、事務所の彼女に対する待遇に問題のあったこと、それにより彼女は心身ともにすり減り、芸能界を引退する決意を固めたことが発表された。

 一方で、事務所側も反論し、マネージャーがこまめにコミュニケーションをとっていたことや、他の所属タレントと比較しても、ひどい扱いなどしていないことを主張している。

 メディアやTV番組では、このことが取りざたされ、事務所が悪い、露出の多いグラビアの仕事のせいだ、人肉を食べる役柄を演じなくてはいけなかったせいだ、給料が安すぎたせいだ、といったコメントが出たり、宗教にだまされている、芸能界がこんなところだとわかっているのに甘い、辞めることで多くの人に迷惑をかけることをわかってるのか、などという書き込みがネットでみられるようになり、毀誉褒貶が相半ばする状態となっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)