直親の妻となった“しの”を演じる貫地谷しほりを直撃!/(C)NHK

写真拡大

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)、前回放送では次郎法師(柴咲コウ)と、そのいいなずけ・井伊直親(三浦春馬)の恋模様が描かれた。次郎法師との結婚の約束を果たそうとする直親だが、次郎法師の出家は主家・今川が井伊の領地を保証する条件となっていた。策を使って一緒になろうと言う直親に、次郎法師の心は揺れるが、最後には出家のまま井伊の危急の事態に備えることを決断した。

【写真を見る】直親としのの結婚生活には暗雲が…/(C)NHK

次郎法師との結婚を諦めた直親は、奥山朝利(でんでん)の娘・しの(貫地谷しほり)を妻に迎える。しかし、夫の元いいなずけが、すぐそばにいるという状況は、しのに複雑な心情を抱かせる。そんなしのを演じる貫地谷を直撃し、彼女の思いや共演者の印象について聞いた。

――しのの役どころについて、どのように説明を受けましたか?

柴咲さん演じる次郎とは、生き方が真逆な人と説明を受けていて、それゆえにぶつかり合うこともあると聞いていました。台本をいただいたら単に“女の情念”(を体現した)という人でもなく、そこに共感できそうだなと思いました。

――次郎法師とは、のちにぶつかり合うこともありますが、貫地谷さんは、そんなしのをどのように見ていますか?

私自身は、しのが焼きもちを焼いているシーンを「かわいいな」と思って演じています。そこまで一途に人を思える人なんだな、と。彼女にとっては、どうやっても直親と次郎法師の間柄は分からないし、加えて子供を産まないといけないプレッシャーもあって、そんな誰にもぶつけられない感情を次郎法師に向けてしまうというのは、同じ女性として分かる部分もあります。

――しのは夫・直親をどのように見ているのでしょうか?

親が決めた結婚ではあるのですが、婚儀のシーンで直親をちらちらと見ているシーンがあって。なにか魅力を感じていて、好きだという気持ちがあるのだと感じました。でも、直親は仕事で頭がいっぱいで、まったくしのを見てくれません。しのからすれば、寂しい気持ちだと思います。

撮影中も、「(直親が)全然私の方を見てくれないな」と感じていたのですが、監督は三浦さんに「もっと(貫地谷を)見ないようにして」と言うんですよ(笑)。

――三浦さんとの共演の印象はいかがですか?

共演は初めてですが、本当に王子様みたいで、普段から気遣ってくれます。これまでの作品を拝見していて、すごくすてきなお芝居をされる方だなと思っていたので、共演はうれしいですが、今のところ(こちらを)見てくれないので…(笑)。そんな中でも、三浦さんのやさしさがあふれ出て、監督が「もっと、(しのを)ぞんざいにあつかって」と言うことがあるので、本当に優しい方なんだろうなと感じます。

――柴咲さんの印象はいかがですか?

カラオケに行くと、よく柴咲さんの曲を歌っているので、そのことを話したら、「本当!? ライブ来てよー」と言ってくれました。次郎法師との場面はまだ多くはないのですが、若々しくて目力がすごくて、かわいらしいなと思います。

――森下佳子さんの脚本には、どのような印象を持ちましたか?

ト書きで、「ずっと泣いていたのが、ぴたりと泣き止む」というのがあって、その1行にすごく考えさせられるんです。きっと森下さんには見えているものがあって、そこがどこなのかを探っていくのは楽しいですね。森下さんが脚本を担当されて、三浦さんが出演されていたドラマ「わたしを離さないで」(‘16年、TBS系)も見ていたので、一緒にお仕事ができてうれしいです。

――女性のかわいらしさも怖さも描いていると思いますが、しのらしいなと思う場面やせりふはありますか?

先ほどの「ぴたり泣き止んで」というト書きは、きっとしのらしい部分なんだろうなと思っています。わーっと泣いていて、何か言われた瞬間にぴたっと泣き止むのがかわいらしいなと思うのですが、表現するのは難しくて。森下さんが(自分の演技を)見てどう思うか、ですね。

――最後に、今後、しのの注目してほしいところを教えてください。

母の強さだと思います。まだ先になりますが、しのは子供を産み、母となります。今演じている若い時代は、涙もろいというか、すぐ負けてしまう。でも母になることで次第に強くなると思いますし、そういったキャラクターの変化が描けるのが大河の魅力だと思います。また、“強い女性”はあまり演じたことがないので楽しみです。

今までは娘の役で、さまざまな先輩の女優さんに受け止めていただいたので、今回(子供を)どう見守って、どういうふうに大切にしていくか、そのさまが自分にとっては大事かなと思います。やはり、年齢を重ねていくたびに、「母親ってすごいな」と思うことがたくさんあって、母親を疑似体験することで、私自身も広がっていけたらと思います。