橋本マナミの美乳に共演者が熱視線!

写真拡大

直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』。公開後舞台挨拶が2月14日に新宿ピカデリーで開催され、橋本マナミと小林聖太郎監督が登壇。橋本が「おっぱいばかり見てた!」と共演者・橋爪功の行動を暴露した。

【写真を見る】橋本マナミ、ヌードカラーのシースルードレスで美脚を披露!

イケイケやくざと、ヘタレな建設コンサルタントが、詐欺師を追って奔走する姿を描く本作。「愛人にしたい女No.1」とも呼ばれる橋本が、初の愛人役にチャレンジ。橋爪演じる詐欺師・小清水の愛人、玲美役を演じている。

橋本は、橋爪とのファーストシーンにおいて「車のなかのシーンで。橋爪さんがサングラスをかけていらして。無表情ですごく怖くて。話しかけづらかった」と怖かったことを告白。しかし「ちょっとずつお話をしていくうちに、橋爪さんのすごいチャーミングなところがいっぱい出てきた。素敵な方ですよね」と共に時間を過ごすなかで、橋爪の印象がガラッと変わったと言う。

小林監督が「蔵之介さんは『あの役ぴったりですわ』と言っていた。『あの人、嘘しか言わへんから』と。僕もだんだんわかってきた」と佐々木の言葉を引き合いに出して橋爪について証言するなど、“欠席裁判”が続いたが、そんななか橋本は「だいたい会うとおっぱいしか見てないです。目線がずっと下なんですよ」と暴露して会場も大爆笑。小林監督が「照れて目を伏せたらそうなったのかも」と必死で橋爪をかばい、さらに会場を笑わせていた。

会場からの質問にも答えたこの日。男性の観客からは「初めての愛人役はどうでしたか?」と質問が上がった。橋本は「3年前までは清純派でやっていた。バラエティでは演じてやっている部分も多い」と愛人キャラを演じている部分もあるとか。愛人キャラのために「愛人のテクニックをいろいろ研究したんです。恋愛経験の多い女性の話を聞いたり、服装も変えて、髪も黒に染めて」と勉強熱心な橋本。「このタイミングで愛人役をいただけてありがたかったです」と研究成果を生かせる役柄に喜んでいた。【取材・文/成田おり枝】