スピードよりも“質”重視のトヨタ、2020年までの完全自動化狙わないと発表

写真拡大

トヨタは、AIやロボット工学の開発促進を目的に、マサチューセッツ工科大学(MIT)、スタンフォード大学と提携を結んだことを発表した。

トヨタは、MITとスタンフォード大学に新設される研究センターに5000万ドルの資金を投じる。成果物はトヨタと共有され、同社の自動運転車の取り組みに応用されることもある。

関連記事:トヨタがミシガン大学と連携、AIプロジェクトに2200万ドルを投資すると明言

トヨタは、早ければ年内にも自社製品に自動運転機能を搭載し始めると述べているが、運転手が不要になるのは、まだ先のことだという。同社が求めているのは、視界不良のために人にとって運転が難しいような状況を含む、あらゆる天候下で機能するドライバーが不要なシステムだ。

投資先大学の成果へかけられる期待感

スタンフォード大もMITも、これまで無人運転プロジェクトでの成功例がある。シンガポールで無人シャトルバスのテストをおこなっているスタートアップ企業 nuTonomyは、MITの研究所から立ち上がったものだ。スタンフォード大からもDrive.AIやZooxといったスタートアップ企業が出てきている。

自動車向けのAIやロボティクスの開発のために大学と提携するのは、トヨタが最初というわけではない。たとえば、Uberは2015年に自動運転車部門へミシガン州カーネギーメロン大から生徒を引き抜いている。

人と同じように考え、短い時間に判断をおこなうことがシステムに求められることから、自動運転車にとってAIは極めて重要だ。Googleの自動運転車部門であるWaymoは、ハッカーに車のコントロールを奪われないため、「車外とのやり取りをおこなわず思考する自動運転車」を作ろうとしている。

自動運転システムについて、トヨタは詳細を明らかにしていない。同社はこの取り組みを一歩一歩確実に進めていこうとしており、少なくとも20年内の完全な自動運転車の実現は考えていないという。現段階でのこの判断はきっと“吉”と出るだろう。

関連記事:トヨタが自動運転競争で海外勢からも一歩リード、日産はどう出る?

DAVID CURRY
[原文4]