猫系女子、犬系女子なんて言葉をちまたでよく聞きますが、それはなにも女性に特化したコトではないと思うんです。男性にだって、同じようなタイプ分けをすることが可能なんじゃないでしょうか。
というわけで今回このコラムでは、猫系男子と犬系男子にわけて、それぞれに効果的なアプローチ法をお伝えしていこうかと思います。意中の彼の特徴を見極めて心を掴む――はたして、その効果的なやり方とは?

まずは猫系男子の大まかな特徴を確認してみましょう!

基本的に自由

連絡を催促するなど、自由を奪うような言動は絶対にNG。
適度な距離を保って接することで、彼の気持ちをこちらに向かせることができるはずです!

人見知りで、インドア派

猫系男子はグループで出かける行為自体、あまり得意ではないことも多いようです。今後もし付き合ったとしても「適度にひとりになれる、自由気ままな時間を作ってあげるよ〜」というようなニュアンスをかもし出していくことで、きっと彼の気持ちは揺れ動きます。

マイペース+ツンデレ

猫最大の特徴と言っても過言ではないツンデレ。普段は気分屋でツンツンしていますが、たまにデレたときの衝撃はプライスレスだと絶賛されることも!
猫系男子は自分のペースを乱されることを嫌がるので、普段から彼のペースに合わせるように接し、居心地のよさを提供するように徹するのがオススメです。

次に犬系男子の大まかな特徴を確認してみましょう!

とっても寂しがりや

犬系男子は基本的に、とても寂しがりやな性分です。
そのため、頻繁に連絡をとるように心がけましょう。「少し連絡をとりすぎているかな?」と思うくらいの熱量で接したとしても、それによるトラブルは(猫系男子に比べて)比較的少ないと言えます。

人懐っこくて、アウトドア派

BBQやキャンプなどの野外活動でワイワイ騒ぐのが大好きなタイプの人も多く、誰とでもすぐに仲良くなれる高いコミュニケーションスキルを持っています。だからこそ、積極的に遊びに誘ってみるのも犬系男子の気を引くのには有効です!

真面目+素直

真面目で、勉強熱心な面のある犬系男子。好きな人を喜ばせようと一生懸命奮闘する姿に、悶絶する女性も多数いるのだとか! 観察眼が鋭く褒め上手な人も多いのですが、どうやらそれは実は自分が褒められたい(あるいは、自分が褒められたら嬉しい)から――というような理由もあるようです。
どんな小さなことでもいいので、どんどん彼を褒めちぎることで、ふたりの距離は縮まりそうです。

改めて見てみると、それぞれに特徴があるんですね。さて、あなたの想い人は猫系男子ですか? それとも犬系男子でしょうか?
いずれにしても、上記の内容を今後のアプローチの参考にしていただければ幸いです!