撮った写真にたまたまスリの姿が

写真拡大

スリはいつ何時忍びよってくるかわからないものだが、中国では先日、何気なく撮影した写真に偶然スリの犯行現場が写し出されていた出来事があり、容疑者確保に一役買ったという。

中国メディア・株洲晩報などによると、2月3日午後、小佳さんと悦悦さん(ともに仮名)が湖南省株洲市の繁華街をぶらついていたところ、いつの間にか小佳さんの上着のポケットに入れていたiPhoneが盗まれていたそう。普通であれば“泣き寝入り”となる出来事だが、今回は違った。偶然、悦悦さんが撮影した写真に、スリがスマホを盗んでいる場面が記録されていたからだ。

悦悦さんの話では、そのとき、小佳さんは手羽先の串焼きを食べており、その“おかしい姿”を残しておこうと何気なくスマホのカメラを向けたそう。その数分後、小佳さんの端末が盗まれていることが発覚し、念のため写真を確認してみたところ、まさにひとりの男が小佳さんの上着のポケットに手を入れ、端末を盗んでいる様子が写し出されていた。そして小佳さんと悦悦さんはその2枚の写真を証拠に派出所を訪れ、事件を届け出たという。

こうした迅速な対応も功を奏して、小佳さんの端末を盗んだと思われる容疑者は2月6日午後には身柄を確保されたそうだ。