最初からわかる!長続きカップルと短命カップルの違い

写真拡大

「彼氏ができました!」このような報告は、何度聞いても嬉しくなるもの。

しかし、これまで5,400件以上の恋愛相談を受けている筆者からすると、「この人たちは長続きしそうだな」「この人たちは、もしかしたらすぐに別れるかもしれない……」など、話を聞くとだいたいわかってしまうことがあります。

そこで今回のコラムでは、長続きするカップル、しないカップルの違いについてお伝えします。

1:デート代などのお金を節約できる

「彼女は名家の出身で、いわゆるお嬢様育ちなんです。結婚の話題も出るんですが、ちょっと迷っています。実は彼女とのデート代が結構かかってるんですよ。月に10万円くらいですかね……。結婚したらもっとお金がかかるのかと思うと大丈夫かなと(苦笑)」(33歳男性,会社経営)

意外なことですが、デート代がかかりすぎないことは長続きの秘訣のひとつ。彼が「いいよいいよ」と支払ってくれることがあると思いますが、それはあなたにカッコイイところを見せたいから、やっているのです。

好意はありがたく受け取る方がいいのですが、クーポンがあれば女性が用意するなどして、なるべく出費を抑えてあげようとする気持ちも大切です。日頃から節約できていれば、その付き合いも結婚に結びつきやすくなります。

2:相手を友達などに自慢したい気持ちがある

「彼女は『共通の知り合いが多いからやめろ』って言うんですが、付き合っていることを友達に自慢したくてしょうがないんですよね。『こんないい女を連れて歩いている俺ってすごい』と思いたいだけなんですけど」(29歳男性,公務員)

他人に自慢したくなるほど付き合っている相手を気に入り、認めて受け入れていれば、その状態は長く続いていくことが多いようです。

3:見つめ合って楽しく笑うことができる

「付き合う人とは、高級な店に行かないと楽しくないって思っていました。今の彼とは家で過ごしたり、チェーンの居酒屋で飲んだりするようなデートが多いのですが、なんだかそれだけでも楽しいんですよね」(28歳女性,総務)

特別なことをしなくても楽しくいられることは、案外大切なこと。付き合っていく上での嘘や隠しごとがないとはこんな状態をいい、長く付き合っていく上で一番重要なことだといえるでしょう。

長く付き合うためには、「わたしもOK、あなたもOK」という考えを2人とも持っていること。そして、相手の立場に立って考えてあげること。

すでに結婚しているカップルでも大切なことなので、なんだか上手くいかないな……と感じるときには、ぜひ心がけてみてくださいね!

【画像】

※ Eugenio Marongiu / Shutterstock

【筆者略歴】

橘つぐみ

恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。