昨今、若い女性から中高年男性、さらにシニア世代でもジム通いをしている人が急増中だ。
 「ジムで鍛えることは素晴らしいことです。やはり男性は“逞しさ”が大事で、女性はそういう部分に男らしさを感じますからね」

 こう語るのは、元AV女優でスポーツジムのインストラクターでもある竹下ななさんだ。人間は筋量(筋肉の量)を増やすことで、男性ホルモンの分泌も盛んになり、まさに“ED解消”にもつながる。
 「ちなみに筋量を増やすには、できるだけ重い負荷をかけるべきなんです。ただ、腕立て伏せや腹筋といった自宅でできるトレーニングでは、さほど負荷はかかりません。その点、ジムは重量を調整できるマシンも多くあるので、うまく使いこなせればED解消の近道にもなるんです」

 そこで今回は、スポーツジムのマシンを使ったED解消トレーニング法を教えてもらうことにした。
 まず、男性ホルモンの分泌を盛んにするには、大きな筋肉を増やすのが一番。
 「それが、大腿四頭筋です。太ももの部分。他の部位に比べて筋肉が多いので、鍛えやすく効果も高い。ED解消にスクワットが効くと言われる理由も同じです」

 ジムでは「レッグプレス」というマシンがお勧め。
 「レッグプレスはシートに座った状態から、プレートを足で押すトレーニング。これはやり方も簡単なうえ、足を重点的に鍛えられます」
 バーベルやダンベルを使ったスクワットは、フォームの習得が難しい。そのため筋トレ上級者でない限り、しっかりと鍛えられない可能性が高い。

 また、「レッグプレス」のあとに「レッグエクステンション」を使うと、さらに効果が増す。
 「これも、大抵のジムに置いてある定番のマシン。太ももの前面を集中的に鍛えることができるので、男性らしい逞しい太ももを作れます」
 この二つで下半身をしっかりと追い込めば、筋量は一気に増やしやすいという。

 次にED解消に役立つと言えるのは、大胸筋を鍛えるお馴染みのマシン「チェストプレス」だろう。
 「大胸筋も筋肉の多い部位で、ここをパンプアップさせると、それだけでマッチョに見えるんです。指導してくれるトレーナーがいれば、ベンチプレスでしっかり鍛えたほうがいいのですが、1人で鍛える場合、チェストプレスのほうが安全です」

 ポイントは、決して負荷をかけ過ぎないこと。
 「無理に重い重量を扱おうとすると、フォームも崩れて逆効果。10〜12回は上がる程度の重量で、大胸筋が張ってくるほど続ければOKです」

 分厚い胸板も作れて、男性ホルモンの分泌もアップ。
 「ジム通いが長続きしない人は、どのマシンを使うか曖昧なんです。とりあえず、この三つのマシンを使うことを念頭に置いておけば、意外と気楽に通い続けられますよ」

 まずは太ももと胸板。筋量の多い部位を集中的に鍛えていけば、男性ホルモンの分泌も盛んになりやすい。効果が目に見えてくれば、おのずと自分にも自信がつき、オスとしての逞しさも取り戻せるはずだ!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。